モビット郵送物は本当になしに出来る?

ポスト

 

カードローン契約で気がかりなことの一つに、自宅への郵送物の有無があると思います。

 

家族と一緒に住んでいる場合は、なるべく個人的な借り入れについて知られたくないという方も少なくない事でしょう。

 

そういった場合に、カードローン契約関連の自宅郵送というのはネックなものです。

 

モビットカードローンは、ネットからWEB完結カードローン契約をすることで、契約後のローンカードや契約書などの郵送がなしになります。

 

加えて、WEB完結契約後にモビットの会員ページMyモビにログインして領収書や明細書を電子交付サービスの利用で郵送しないよう設定することで、モビットからの自宅郵送物は一切なし!になります。
(もしモビットカードローン利用中に返済遅延や延滞があると、WEB完結契約をしていたとしても催促上のハガキは郵送されます。)

 

モビットのWEB完結契約で郵送物なしに出来るのは、何がメリットかといえば、人にカードローン契約がバレる可能性が低くなることです。

 

自宅や勤務先にカードローン関連の郵送物が届くと、変に勘ぐられてしまう可能性が否めませんが、その心配がありません。

 

加えて、ローンカード発行なしのカードレス契約となるので、財布にあったローンカードで借り入れがバレた!などという事態も避けられます。

 

SMBCモビット公式サイトはこちら⇒

 

ただし、モビットカードローン郵送物なしのWEB完結契約をするには、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必須です。

 

加えて、社会保険証や組合保険証がないとWEB完結が利用でません。

 

そして、これは少し意外かもしれませんが、モビットでカード発行契約した場合はローンカードの受け取りは自動契約機からその場で出来るのですが、その他の契約関連書類は郵送となります。

 

そこでちょっとした配慮として、モビットから郵送物が発生する場合は、自宅か勤務先のどちらか選択が可能となっています。

 

勤務先に、鍵などが付いており原則本人しか受け取れないような郵便ボックスがあるなら、勤務先を指定するのも良いでしょう。

 

ただし、そういった専用の個人郵便受けがない場合、勤務先に届いた際に職場にモビット利用者がいたりすると、借り入れがバレてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

勤務先では、個人宛ての郵便物の中を確認される事はな井と思いますから、その点では自宅への郵送より安心できるといえるでしょう。

 

ちなみに、通常の郵便物であれば、郵便局での局留めなんかが可能ですが、モビットからの郵送物はそのような指定はできません。

 

モビットWEB完結契約をすることで、郵送物をなくしてカードレス契約すると基本的にはその後、ローンカード(モビットカード)を発行することは出来ません。
その為、ATMから直接出金して借り入れをすることも不可能となるので、それは困る!という方はカード発行申し込みで契約をしてください。

 

モビット郵送物(ローンカード)受け取りにかかる日数は?

 

日にち

 

残念ながらモビットカードローンWEB完結契約の条件が満たせない方もいるかもしれません。

 

時に、その場合カード発行申し込みとなるのですが、その際、郵送物やローンカードの受け取りに何日くらいかかるか気になるところだと思います。

 

ローンカードだけはモビットカード発行申し込み後、審査結果連絡があり次第、自動契約機でカードを発行すれば申し込み当日中に受け取りが可能です。

 

その他の郵送物は、申込んだ時間や審査完了時間、加えて郵便状況によってばらつきがあり、一概には言えませんが早ければ翌日には届きます。

 

しかし、時間がかかるときは最高で1週間ぐらいかかってしまう事もあるので、大体3〜4日は郵送物到着までにみておいた方が良いでしょう。

 

モビットWEB完結契約が出来なくて、カード発行申し込みになってしまったけれど、なるべく早く借り入れがしたい!という方は、ローンカードを自動契約機で発行してください。

 

一重に郵送物と言うものの、モビットから送られてくるものが何かもここで紹介しておきます。

 

モビットカード郵送受け取りの場合の送付物

  • 入会申込書
  • 契約内容確認書
  • 入会申込手続きの案内
  • 預金口座振替依頼書
  • 会員規約
  • Myモビの案内
  • 提携ATM一覧
  • 返信用封筒
  • モビットカード(ローンカード)

契約者の希望・契約状況によって中身が変わる場合があります。

 

これらは、カードローン関連の書類だと第三者にいたずらに知られてしまう事がないように、モビットとは明示せず差出人名がMCセンターとなっている簡易書留で届きます。

 

自宅と勤務先以外での受け取りは出来ませんが、本人受け取り限定の指定はできるので、自分以外の家人に受け取られるのを避けたい場合は便利です。
(審査結果によっては出来ない事もあります。)

 

モビットからの郵送物の本人限定受け取りとは?

 

もし、何かしらの理由でモビットWEB完結ができず郵送物が発生する場合、審査結果通達後にコールセンターに、郵送物を本人限定受け取りで送ってもらうよう頼んでみてください。

 

そうすることで、モビットからの郵送物は一旦郵便局に届き、自宅には郵便局が差出人の到着通知書だけが届きます。

 

その後は、通知書と印鑑、本人確認ができる書類を持ってモビットからの郵送物を郵便局に取りに行けば良いだけです。

 

このような手段を取れば、モビットでカード発行申し込みをしても、自宅へ直接モビットからの郵送物が届くことはありません。

 

ただし、一点だけ注意すると、コールセンターに問い合わせた際、ローンカードは郵送ではなく自動契約機で受け取ることを伝えてください。

 

何故かといえば、カード発行契約ではローンカードがなくては借り入れが出来ないので、カードを郵送にしてしまうと郵送物が届くまで融資が受けられなくなってしまうからです。

 

特に、最短即日融資を希望している方は、ローンカードは自動契約機で確実に申し込み当日に受け取りましょう。

 

カードローンで郵送物がまったくなしに出来るのはモビットだけ?

 

以上からモビットではWEB完結契約をすることで、郵送物をなしに出来ることが理解いただけたと思います。

 

ローンカード発行での契約をする場合は、モビットであっても郵送物が発生してしまう点にだけ注意しましょう。

 

カードローンは他の金融機関でも取り扱われているわけですが、モビットのWEB完結契約のように、郵送物なしでカードローン契約手続きが進められる金融機関は、ほとんどありません。

 

唯一、同じ消費者金融で三井住友銀行グループのプロミスだけは、モビットと同じようにWEB完結に対応しており郵送物がなしに出来ます。

 

また、銀行カードローンの場合はまず、カードレス契約は出来ません。

 

その為、必ずローンカードが発行されますし、ローンカードを自動契約機で受け取っても、契約書の自宅郵送は避けられないことが多いです。

 

バレない借り入れならモビットWEB完結!

 

モビットカードローンはWEB完結契約で郵送物をなしにすることで、家族や知人に借り入れを知られずにすることが可能です。

 

また、モビットWEB完結契約のもう一つのメリットとして電話連絡なしに出来ることが挙げられます。

 

電話連絡も郵送物と同様にカードローン契約では、人に借り入れがバレてしまう原因となりやすいですが、モビットWEB完結契約ならその両方がなしに出来るのです。

 

郵送物なしのサービスは、先述したようにプロミスでも対応していますが、電話連絡なしのサービスはモビットだけが対応しています。