カードローン契約手続きをネットで簡単にする!

スマホ操作

 

最近ではPC・スマホ等から簡単にカードローン契約をし、お金が借りられるようになりました。

 

昔は銀行や貸金に赴いて何時間も待ってようやく…というのが普通だったのを考えると便利な世の中になったものです。

 

しかし、今でも店舗窓口での契約は可能ですし、自動契約機なる物があったり、融資を急がないなら書類郵送でのローン契約などWEB契約以外でのローン契約も可能です。

 

では、WEB利用でのカードローン契約の何がそんなに良い点があるのか?
簡単にカードローンのWEB契約の便利な点をまとめると以下のようなことが挙げられます。

 

カードローンWEB契約のメリット
  • PCやスマホといった身近なもので申し込みが可能
  • 実店舗と違い申し込み受け付けは24時間対応
  • WEB完結契約なら借り入れがバレるリスクが低い

 

まずは、やはりPCやスマホ、携帯といった身近にあるものを使って、日常の片手間にローン契約が進められることです。

 

最近は、カードローン申し込みから利用できるスマホアプリを、各金融機関が用意していることが多く、特にスマホからのWEB契約はし易いといえます。

 

日中仕事がある人は、なかなか店舗や自動契約機まで行く時間が取れないことも多いですし、緊急で早く融資が受けたいという時にサッと申し込みだけでもネットで出来るのは便利です。

 

加えて、WEBからの申し込み受付だけなら365日24時間どこの銀行も消費者金融も出来ます。

 

ただし、申し込み受付時間とカードローン審査対応可能時間は別物です。

 

その為、WEB申し込みをしたその日のうちに融資を受けるには、大抵の金融機関で平日の14時くらいまでにWEB契約手続きを完了させなくてはいけない事が多いです。

 

しかし、申し込みをしておくだけなら営業時間を気にしなくても良いというのは、少しでも早くカードローン契約をしたい人にとって嬉しい限りでしょう。

 

例えば仕事が終わって夜WEB申し込みをしたなら、翌日が平日であれば午前中には審査が完了し、日中には借り入れが出来るという流れになる事が多いですから、来店契約のように日を改めて店舗に赴くという事もしなくて済みます。

 

また、お金を借りているという事を第三者に知られたくないという人には、申し込みから契約手続き、融資までのすべてがWEB上で完了するWEB完結契約が便利です。

 

昨今は、各金融機関の専用スマホアプリ上で全て完結することも出来ます。

 

契約後の借り入れや返済といったローン利用も、WEB上で完了させることも可能です。

 

カードローン審査対応時間も要チェック!

 

時間

 

WEB完結契約での最短即日融資を狙う場合は、カードローン契約先に考えている金融機関の審査対応時間をチェックしてからの申し込みをオススメします。

 

というのは、WEB完結でカードローンを契約する場合、基本的に最短即日融資は振り込みで行われることが多いです。

 

すると、平日の午後以降や土日祝日は振り込み対応していない金融機関の場合、カードローン審査も同じく対応していないことがあります。

 

特に、銀行カードローンでのWEB完結は、土日祝日は審査・振込融資ともに翌営業日の取り扱いになる事が多いので注意が必要です。

 

カードローンWEB完結?それとも自動契約機?

 

悩む

 

カードローンのWEB契約といっても、WEB申し込みをした後、そのままWEB完結をする方法と、自動契約機を利用する方法の2種類があります。

 

どちらの方が自身のカードローン契約に向いているか迷う方は少なくない事でしょう。

 

そこで、それぞれの契約方法の特徴を踏まえて、どういう契約がしたい方に、WEB完結契約とWEB申し込み&自動契約機の併用どちらが向いているか完結にまとめました。

 

WEB完結契約と自動契約機それぞれのメリット

  • 外になるべく出ず誰にも知られず借り入れ=WEB完結契約(カードレス)
  • 自身の都合に合わせて最短即日借り入れ=自動契約機の併用

 

WEB完結契約の特徴

 

WEB完結契約をする場合は、カードレスつまりローンカードの発行がなく借り入れ・返済が口座を利用してローン利用することが前提となります。

 

基本的に、WEB完結契約後、借り入れは契約時に登録した口座に振り込み申請をネットからすることで出来、返済は口座引き落としとなります。

 

WEB完結は名前の通り、契約もローン利用もネット上つまりWEBで完了可能なので、ローンカードも発行しない場合は借り入れをしていることがバレることはまずありません。

 

利用明細などもネットやメール通知での確認を設定しておけば、ローン契約書類などが自宅に届くことも避けられるので、お金を借りるというデリケートな問題を周囲に隠すことが出来ます。

 

ただし、金融機関の中にはカードローン契約の流れはWEB完結でも、ローンカードは借り入れ側の所在確認として郵送で発行されるところもあります。

 

WEB完結契約できるなら、どこでもカードレス契約が出来るというわけではないので、その点は注意が必要です。

 

WEB申し込み&自動契約機の特徴

 

もう一方の、WEB申し込み後に自動契約機を利用する方法は、特に平日の14時以降や土日祝日などに即日融資希望の場合に便利です。

 

WEB完結でも即日融資対応しているカードローンはあります。

 

しかし、融資の方法が振り込みである為、消費者金融で借りたとしても振り込み業務は銀行しか行えないので、銀行が営業している時間しか基本的に対応していません。

 

WEB完結契約をする先によっては、特定の銀行口座があることで365日24時間最短即日・即時振り込み融資可能な場合があります。
(例)プロミス=三井住友銀行・ジャパンネット銀行 アコム=楽天銀行 など

 

自動契約機で最終的な契約の締結をするので、審査だけ日中に終わらせておけば自動契約機の営業時間内までにカード発行をしてその場で現金を借り入れるという方法で即日融資がし易いです。

 

それなら一から自動契約機で申し込めばいいのでは?

 

と思うかもしれませんが、先述もしたようにWEB申し込みはいつでもどこでも出来ますし、誰かが先に利用していてそれを待たなくてはいけない。という事も避けられます。

 

WEB完結契約には口座が必要

 

カードローン契約・利用をWEB完結でするには、金融機関の口座が必須です。

 

口座がなくては、融資を振り込みで受け取ることが出来ませんし、返済も便利な自動口座引き落としが出来ません。

 

また、金融機関によっては、特定の銀行口座がなくてはWEB完結契約できないこともあります。

 

加えて、基本的には大体の金融機関口座に対応している消費者金融でも、指定の銀行口座があることで、最短即日融資が時間に縛られず、いつでもできたりするメリットがあります。

 

その為、カードローンWEB完結契約を検討している場合は、自身が利用している口座が役立つ金融機関で契約するのが良いでしょう。

 

どうしてもカードローンで利用したい金融機関がある場合は、必要な口座の開設を前もってしておくことをオススメします。

 

カードローンWEB完結での最短即日融資が可能でも、口座開設は即日では出来ません。

 

WEB完結で借り入れ・返済ならATM手数料が0円!

 

時に、カードローン利用の際のATM手数料108円〜216円という出費が気になる!という方には、WEB完結でのローン利用がおすすめです。

 

WEB完結の場合、ローンカードを使ってATMで借り入れ・返済をしなくても、インターネットバンキングシステムを利用することでATM手数料の発生を防げます。

 

ネットから借り入れ依頼をすれば融資は振り込みでされ、返済は契約時に口座引き落とし(口座振替)を返済方法で選択しておけば自動でされます。

 

その時、振り込みにしても口座引き落としにしても、手数料がかかることがないので、その分ATMを利用してのローン利用よりもWEB完結は支出が少なく済みます。

 

カードローンWEB完結とWEB申し込みはどう違うのか?

 

分からない

 

実は、各金融機関なかなか紛らわしい提示の仕方をしているのですが、厳密にWEB完結契約に対応しているのは消費者金融ではモビットとプロミスだけです。

 

というのは、WEB完結契約は文字通りすべてのカードローン契約手続きが、原則ネット上だけで済ませることが出来ます。

 

他の消費者金融や銀行カードローンは基本的に、ローンカードの発行や契約書類の郵送が必須となってきます。

 

その為、WEB申し込みはできるものの自動契約機へ赴く必要があったり、またはローンカードは自動契約機で受け取れても契約書類は郵送が避けられない場合が多いです。

 

WEB完結最大のメリットは、郵送物がないことです。
加えて、カードレス契約をすればローンカードも手元に置かずに済むことです。

 

この二点を抑えるWEB完結契約は、シビアなローン契約を他人に知られる可能性がとても低い為、昨今カードローン契約の方法として重宝されています。

 

ここで一つ注意したいのが、郵送物はローンカードだけではないという事です。

 

金融機関がカードローン契約締結後に郵送するものの中には、ローンカードに加え契約書という重要な書類があります。

 

モビットとプロミス以外の金融機関は、カードローン申し込み契約手続きだけはWEB完結出来るものの契約書の郵送があります。

 

どうしても郵送を避ける場合には、自動契約機でローンカードと併せて契約書を発行することが出来ますが、そうなると最早それはネット上で済む話ではなくなってしまいます。

 

つまり、その場合は本来WEB完結とは言えず、ただのWEB申し込みなのです。

 

ところが、WEB完結というワードがカードローンで顧客ポイントの高いワードとなったため、紛らわしくも「WEB完結申し込み」と字面だけでは嘘はいっていない提示をしているところが多いのです。

 

その点モビットとプロミスの場合は、WEB完結でカードレス申し込みをした場合、契約書の郵送や自動契約機での受け取りの必要がありません。

 

審査完了後に届いたメールから入会手続きをして、入会完了メールが届き次第ネットバンキングで借り入れが可能となり、まさに申込から借り入れまでがWEB完結となっているのです。

 

銀行カードローンでは、キャッシュカードにローン機能を付帯させての契約であれば、ローンカード郵送はなしになります。
それでも契約書類は郵送されてきますが、銀行によっては本人限定受取郵便で郵送物を送ってくれるところがあります。


関連ページ

ローン利用の金利とは?
ローン契約に当たり前のように付いてくる金利。ローン契約が初めての人は、それがまず何か分からない…という方も少なくないでしょう。そんな金利について説明します。
カードローン審査に関係する属性とは?
カードローンの審査において信用情報と同様に重要なポイントになってくる属性について説明します。
消費者金融の取り立てイメージは最早ファンタジー
消費者金融、借金…というとあまり良いイメージがない方も多いでしょう。しかし現代の貸金業はとてもクリーンです。
そのアルバイト、名義貸し詐欺じゃないですか?
最近多い詐欺の一つに、キャッシングをすることで報酬が発生するというアルバイトを謳った詐欺が多発しています。アルバイト詐欺について説明します。
借り換え・おまとめローンって一体何?
カードローンを色々調べると、ローンを借り換える、まとめるなどのワードが出てくると思います。借り換え・おまとめとは通常のカードローンと何が違うのか説明します。
借り入れの理由は何が多いのか?
金融機関でお金を借りるにあたって、自分の資金用途・理由で借りられるのか?どんな理由での借り入れが多いのか?気になるところですよね。
カードローン契約には総量規制の理解が不可欠!
カードローンを契約するにあたって、総量規制という最低限の規則を知らなくては始まりません。
カードローンは保証人・担保なしで本当に契約可能?
お金を借りるというと、保証人や担保などを用意する必要があるのでは?と思う方は少なくないでしょう。カードローンはなぜ保証人・担保不要なのか説明します。
銀行カードローンの過剰貸付とは?
銀行カードローンの過剰貸付とはどういう事なのか、説明します。