あなたはどんな目的でローン契約をしますか?

首傾げ

 

ローン契約には、申し込み時に借入れの理由を明示する必要があります。

 

特に、目的別ローンの場合は定められた資金用途の中でもさらに細かく質問されることもあります。

 

ただ、目的別ローンを契約しようとする方は大方借り入れ理由がはっきりしていることが多いですから特に心配はないと思います。

 

住宅ローンなら建築費やリフォーム費でしょうし、カーローンなら車に関わるお金でしょうから、自身が融資金を使いたい事柄を資金用途として申請すれば良いのです。

 

ところが、カードローンのように資金用途自由な借り入れに関しては、金額や事によって審査通過率に関わってくることもあるので実は注意が必要です。

 

 

審査通過不可!?NGな借り入れ目的

 

例えば、確実にNGな借り入れ理由を挙げるとしたら、借金の返済やギャンブルといった理由です。

 

特に、前者はどう考えてもアウトです。「お金に困って自転車操業してます!」と自ら宣言しているようなものです。

 

「今借りているお金が自分の収入では返せないので、借りて返したい。」という人に新たな貸付をする金融機関はありません。

 

その際、他社借り入れではなく、別物としてクレジットカード代金の支払いなら良い?と考える方もいるかもしれませんが、それも自転車操業といえます。

 

特に、クレジットカードのキャッシング枠の返済をカードローンの融資金で賄おうと考えている場合、今すぐ他の方法を考えることをオススメします。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、貸金業法の適用範囲であることも考慮して、カードローンとほぼ同じ扱いなので他社返済をカードローンでしているのと変わりません。

 

また、ギャンブルのように返済へ影響が出そうなリスクが高い不確定要素が理由での借り入れも、貸付側は貸し倒れリスクと判断しローン審査に通すことはありません。

 

投資金という目的での借り入れも、ギャンブルと同様に貸し倒れリスクが高いと判断されることが多いです。

 

いくらカードローンが資金用途自由としていても、つまるところは良識の範囲以内で。という事です。

 

ところが、ローン契約者が借りたお金が何に使われているかを貸付側は逐一監視しているわけではありませんから、実際のところ本当に申し込み時の借り入れ理由で使われているかは、金融機関の知るところではありません。

 

ただし、借入金が急に増えたり、返済が滞ったりすればローン契約者がお金に困っている事は分かりますし、他で借り入れをしたり延滞をしていれば信用情報の交流で分かったりします。

 

ローン契約者に信用貸しをする金融機関には、借り入れ理由が本当かは確認のしようがありませんが、ローンの利用状況から融資金が返済に悪影響を及ぼす事に使われているのではないか、窺う事は出来るのです。

 

結論、資金用途自由のローンで借りたお金は自由に使えますが、その自由のサジ加減はローン利用者の良心と責任感によるものとなります。

 

信用貸しであるカードローン契約において嘘をつくのはご法度です。

 

仮に資金用途を偽って借り入れをした場合は、利用中に貸付側に知られた時点で借り入れ利用停止となり、下手をすれば残高分の一括請求を求められることもあります。

 

借り換えの場合のみ資金用途=他社返済OK

 

OK

 

他社の残高返済を資金用途としてローン契約するのは不可能だと先述しました。

 

しかし、それは借り入れ件数を増やす形でローン申し込みをする場合です。

 

カードローン借り換え・おまとめでの契約の場合は、資金用途を他社返済、乗り換えなどというようにしても大丈夫です。

 

ただし、例えば、それなら借り換え・おまとめで申し込みをして、実際は既存のローンも利用する。という事を考えたとして、その様なことは出来ません。

 

というのは、借り換え・おまとめをする際、既存の契約先の借入残高がなくなったかどうか、借り換え・おまとめ先の金融機関は確認することが出来るからです。

 

他社借り入れ件数や残高は信用情報に記録されるので、借り換え・おまと後に金融機関が途上与信を確認した際に、不当な融資金の利用の仕方をしたことがバレます。

 

その場合、借り換え・おまとめで借りた金額分を一括返済することを求められる可能性があります。

 

どのような資金用途で借りるにしろ、信用取引において嘘が上手くまかり通ることはありませんから、下手な小細工をしようとは思わないのが一番です。

 

カードローン審査に通りやすい借り入れ理由は本当にあるのか?

 

考える

 

あくまでカードローン審査は借入れ希望者の信用情報や属性を基にした返済能力を一番重視します。

 

その為、借り入れ理由を、例えば冠婚葬祭という誰であってもあり得なくない、加えて無難なものにすれば、実際の資金用途は別として、まず借り入れ理由で貸し渋りをされることはないでしょう。

 

しかし、それだけでカードローン審査通過率が上がる!とは断言できません。

 

借り入れ契約をした方の主な借り入れ理由というのは、日本貸金業協会の調査統計からうかがうことが出来ます。

 

その統計データの中の、直近一年以内に借り入れ申し込みをした際の資金用途として、多くの割合を占めている上位3つは以下の通りです。

 

  • 趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費用=29.3%
  • 食費=16.3%
  • 家賃の支払い(住宅ローンの返済を含む)=13.8%

 

これは1年以内に借り入れ申し込みをし、借入経験がある方の資金用途の割合ですから、これらに似た理由であれば、審査通過率が上がるかどうかはさておき、落とされる要因にはならないといえるでしょう。

 

おすすめカードローン!モビット公式サイトはこちら⇒

 

時に、上述した内容には他のローンの返済が借り入れ理由の場合は不利だと説明したのに、住宅ローンの返済は良いのか?と思われるでしょう。

 

しかし、借り入れ理由での審査落ちリスクを考えると、やはりオススメは出来ません。

 

加えて、ローンの返済をローンですると二重に利息を支払う事になります。

 

そのように、元金に関係ない支出が余計に増える事も、ローンの返済の為にする借り入れを勧めない理由の一つです。

 

おそらくですが、家賃の支払いと一括りにされていることを考えると、住宅ローンの返済分とはいえ、それほど高い借入額での希望ではない場合に、許される借り入れ理由だと推測できます。

 

というのは、住宅ローンの例えばひと月やふた月分の支払いに充てるためなら、一度に何十万と借りる必要はなく、貸し倒れリスクがそれほど高くない貸付だからです。

 

家賃と一括りにされているという事は、なにも住宅ローンの何割もをわざわざ金利が高いカードローンなどで賄う理由ではないからだと考えられます。

 

家賃・住宅ローン返済より多い割合を占める借り入れ理由は、やはりどちらも生活費といえるでしょう。

 

時に、レジャーなどでさらに内訳が旅行など一回限りの大きな支出の場合は、貸付側からすると貸してた後わりとすぐに返してくれる見込みがあると感じられるようです。

 

というのも、生活費にようにズルズルと借り入れが続くことがないだろう。と判断するからでしょう。

 

つまり、旅行など一時的な事柄での借り入れの場合、借り入れを一度した後は返済に徹する方が多いと考えられるわけです。

 

それと同じ判断で、冠婚葬祭なども資金用途としてカードローンでは認められることが多いです。

 

購入物の名称は借入用途としてOK?

 

上記以外でも、カードローン審査で特に問題なく資金用途として認められるものに、融資金で購入する物の名称が挙げられます。

 

少し値が張る買い物というのは誰しも偶にするものでしょう。

 

その為、例えば、家具や家電、自転車などというように購入品が決まっている場合は、それらの購入費用として申し込むことが可能です。

 

生活費やレジャーのように資金用途が不透明でない分、希望額が少額で用途との整合性が取れているなら、すぐに審査が完了する可能性が高いです。

 

ただ、詳しくは後述しますが、購入するものによっては専用のローンが用意されている事があるので、そちらで借りた方が得な場合もあります。

 

カードローンは事業性資金にだけは使えない?

 

時に、カードローンは基本的には資金用途が限られないフリーローンの一種なのですが、事業性資金の調達には利用出来ないことが多いです。

 

その為、事業ローンが目的別ローンとして別のローンプランで扱われていたり、別のビジネスローンで契約する必要があります。

 

ただし、このサイトお勧めのモビットだけは、カードローンでの事業資金用途を認めています。

 

ところが、事業資金は政府系金融機関で借りるのが金地は一番低く済むので、借り入れを急いでいない場合はそちらでの借り入れをお勧めします。

 

一番多い借り入れ理由は生活費?目的にあったローン契約をする

 

最近のカードローン契約で多い借り入れ理由はもっぱら生活費です。

 

また、近年は女性のローン需要も高く、加えて昔に比べて若者(20代〜30代)の借り入れ件数も増えてきています。

 

貸金業法が改正される以前は、サラ金などと言われていたように利用者の多くは中年層のサラリーマンで、資金用途の多くは交遊費や申し込み時の理由を偽っての賭け事でした。

 

法律改正後は、消費者金融が貸付できる金額に制限が出来たのもあり、少額での融資が現代では主流なのも相まって、それなりの文化的な生活を送る為の生活費の補填として借りる人が多いようです。

 

カードローンは資金用途自由なので、生活費で借りたからと言って旅行の費用などに回してはいけないというわけではありませんし、子供の学費や習い事の費用にも使えます。

 

しかし、そこで気を付けたいのが、何にでも使えるローンに甘んじることで損をすることがあるという事です。

 

どういうことかといえば、カードローンのような資金用途が自由な多目的型ローンと、先述したようにそれぞれの分野にのみ使える住宅ローンやカーローンのような目的型ローンとでは金利や返済額に大きな違いがあるのです。

 

カードローンは確かに、手軽に簡単にローン契約が出来、借入金も自分都合で使えます。

 

また、それに比べて、目的別ローンの契約は時間がかかり審査も厳しい事が多々あります。

 

ところが、だからといって全てカードローンで借りて済ませばいいというものではありません。

 

契約に手間がかかるもの程、高額の融資に対応しているのは住宅ローンの金額を見れば一目瞭然ですし、加えて金利もカードローンが最高18%程であるのに対して、カーローンは最高でも10%以下で平均は2、3%です。

 

また、学生の学費や同じ生活費でも最低限の生活をするのに利用するものは銀行や消費者金融ではなく、政府系金融機関や各自治体の制度を頼った方が、返済に無理がない事が多いです。

 

お金を借りる=カードローンという考えだけに捕らわれることがないよう、借り入れをする理由をはっきりさせ目的に合わせた自分にとって不利のない借り入れ・ローン契約をすることが大切です。

 

銀行のフリーローンの借り入れ理由に注意?

 

時に、カードローンと混同されがちなローンプランにフリーローンというものがあります。

 

銀行のフリーローンが一般的ですが、フリーローンもカードローンと同じく資金用途は原則自由です。

 

ところが、フリーローンの場合、借り入れが出来るのは契約時に一回きりとなっています。

 

カードローンのように、ATMやネットバンキングを利用して自分の都合で自由に借り入れ出来ません。

 

その分、ローンの一本化にも使えるくらいの高額融資が望めます。

 

というのは、フリーローンの場合、借り入れ後は完済まで返済一徹になる為、他社で借り入れしない限り債務が嵩みません。

 

その為、貸付側からしてみれば、貸し倒れリスクが低いと判断しやすいわけです。

 

この、フリーローンは借り入れが一度だけというのが、借り入れ理由に関係してきます。

 

借り入れ理由が、旅行や電化製品などの高額の買い物、引っ越し費用などその時だけ必要な事柄の場合は問題ありません。

 

しかし、生活費のような断続的な支出が見込まれ、且つ不透明な理由の場合、フリーローンの審査では落とされる可能性があります。

 

融資が一度であるのに対して、資金用途が何度も支払いが続くようなものでは、返済が滞ってしまう恐れがあるのは理解の範疇でしょう。

 

確かに、銀行のフリーローンは低金利で最高限度額も魅力的なものが多いです。

 

そこで「資金用途自由なら、カードローンじゃなくてフリーローンで一括でいっぱいお金を借りておこう!」というのは、考えとして甘いのです。

 

人間手元にお金があれば、少しくらい余分なことに使ってもいいや!と魔がさすものです。

 

生活費の補填という借り入れ理由ならば、カードローンの方が借り入れや返済のしやすさを考えた時にも便利ですし、ローンの使い方として一般的です。

 

フリローンを利用する際は、目的ローンほど明確でなくてもいいですが、なるべく一回きりの支出に対しての借り入れだとわかる借り入れ理由で申込をしましょう。


関連ページ

ローン利用の金利とは?
ローン契約に当たり前のように付いてくる金利。ローン契約が初めての人は、それがまず何か分からない…という方も少なくないでしょう。そんな金利について説明します。
カードローン審査に関係する属性とは?
カードローンの審査において信用情報と同様に重要なポイントになってくる属性について説明します。
カードローンWEB契約締結までの流れは?
カードローンは昨今様々な方法で申し込みが出来るようになってきました。特に簡単で手続きが早く済むカードローンのWEB契約について説明します。
消費者金融の取り立てイメージは最早ファンタジー
消費者金融、借金…というとあまり良いイメージがない方も多いでしょう。しかし現代の貸金業はとてもクリーンです。
そのアルバイト、名義貸し詐欺じゃないですか?
最近多い詐欺の一つに、キャッシングをすることで報酬が発生するというアルバイトを謳った詐欺が多発しています。アルバイト詐欺について説明します。
借り換え・おまとめローンって一体何?
カードローンを色々調べると、ローンを借り換える、まとめるなどのワードが出てくると思います。借り換え・おまとめとは通常のカードローンと何が違うのか説明します。
カードローン契約には総量規制の理解が不可欠!
カードローンを契約するにあたって、総量規制という最低限の規則を知らなくては始まりません。
カードローンは保証人・担保なしで本当に契約可能?
お金を借りるというと、保証人や担保などを用意する必要があるのでは?と思う方は少なくないでしょう。カードローンはなぜ保証人・担保不要なのか説明します。
銀行カードローンの過剰貸付とは?
銀行カードローンの過剰貸付とはどういう事なのか、説明します。