地方銀行カードローンの特徴と利便性は?

にほん

 

銀行カードローンといえば、やはりメガバンクのみずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のカードローンを思い浮かべる方が多い事でしょう。

 

ただ、銀行は何もメガバンクだけではなく、昨今はインターネットの発達などによりネットを介して取引が可能なネット銀行(例:イオン銀行、じぶん銀行)などもあります。

 

そのような銀行の種類に地方銀行という銀行もあり、メガバンクやネット銀行同様にカードローンを取り扱っている場合があります。

 

メガバンクが店舗を有し且つ全国で営業しているのに対して、地方銀行は店舗は本店がある地域限定でしか営業をしていません。

 

しかし、カードローン契約や口座開設に関しては、インターネットバンキングを利用することによって、全国対応している地方銀行もあります。

 

全国から申し込み可能な地方銀行カードローン(例)

  • 静岡銀行カードローン セレカ
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプラン
  • 清水銀行しみずピアカードローン
  • 大垣共立銀行カードローン ザ・マキシマム
  • トマト銀行カードローンQ-Li(キューリ)
  • 鹿児島銀行かぎんカードローンS

 

全国対応している地方銀行カードローンは、ネットから申し込みをし、カードローン審査に通過すれば誰でも契約・利用できます。

 

ただし、中には地域限定でしか利用できない地方銀行カードローンもあるので、そのあたりは申し込む前によくチェックしましょう。

 

地方銀行は、営業規模としてはメガバンクに劣りますが、基本的に扱っているカードローンの貸付条件はそこまで大差ないといえます。

 

寧ろ、金利面でいうならネット銀行カードローンよりも低金利で借り入れが出来る地方銀行カードローンは多いです。

 

その為、消費者金融よりも低金利で借り入れが可能で、銀行からの貸付ですから総量規制も関係ありません。

 

地方銀行カードローンのメリットは何?

 

まる

 

その他にも、地方銀行カードローンのメリットはあります。

 

都会ではあまりないかもしれませんが、田舎では結構メガバンクより地方銀行が身近であることがあります。

 

その為、地方銀行口座を持っている、住宅ローンやマイカーローンなどを契約しているなど、要所で利用していることが少なくありません。

 

地方銀行カードローンは、そのように口座があると審査に有利である可能性が高く、また、他の商品を利用していることで金利の引き下げがあったりします。

 

長く付き合っている地方銀行があるなら、メガバンクでわざわざ口座を開設してカードローン契約をするよりも、そちらでカードローン契約した方が貸付条件が良い可能性があるといえるでしょう。

 

また、昨今はわりと地方銀行カードローンも有名どころは知れ渡っているので、そこまでメガバンクとそこまで差があるとは言えないかもしれませんが、地方銀行カードローンは申し込み競争率が低めであるという事も一つ挙げられます。

 

基本的にカードローン契約が初めての方などは、やはりメガバンクや大手消費者金融を利用することが多いでしょうから、地方銀行カードローンはカードローン申し込み先として穴場的なところがあります。

 

その為、消費者金融の代わりに、メガバンクのカードローンのすべり止めなどに検討しておくのも良いかもしれません。

 

ただし、一概に地方銀行カードローンは審査が甘い。という事ではないので、誤解がないようにしましょう。

 

地方銀行なら口座開設は初回融資の後でもOK?

 

そして、地方銀行カードローンの意外なメリットは、口座開設が完了していなくても借入が可能である点です。

 

というのは、地方銀行カードローンはインターネットバンキングでの借りれ・返済利用がメインなので、自行口座以外の口座にも振り込み融資をしてくれるところが多いのです。

 

口座開設は、ほぼ必須と思っていた方が良いですが、それで融資までに時間がかかるという事はあまりありません。

 

例えば、静岡銀行カードローン セレカでは、初回融資に限り他金融機関口座への最短即日(平日の申し込みのみ)振込可能としています。

 

とりあえず申し込み当日に融資をすぐしてもらう事で、口座開設をしている間にお金に困る可能性が低いといえるでしょう。

 

また、銀行カードローンは基本的にローンカードが発行されます。

 

口座開設完了までに2〜3週間かかっても、ローンカードは最高でも1〜2週間以内には届きます。

 

ローンカードが手元に来れば、地方銀行カードローンはネット銀行と同じくらい利用できる提携ATMが豊富なので、振り込み融資だけに頼る必要はなくなります。

 

その為、上手く利用すれば、意外とメガバンクのカードローンよりも、カードローン申し込みから利用までの利便性が高い事もあります。

 

カードローン審査に時間がかかることがある

 

砂時計

 

地方銀行カードローンでも、最短即日審査・融資対応している所はあるのですが、審査に時間がかかる可能性が低くありません。

 

まず、最短即日審査と融資両方を可能にするなら、カードローン申し込みは確実に平日正午までにする必要があります。

 

土日祝日は、地方銀行カードローンの場合、審査対応も振り込み融資対応もしていない為、翌営業日扱いになります。

 

また、そもそもカードローン審査には2〜3日や1週間かかる。と明示している地方銀行カードローンは、言わずもがな急ぎの借り入れには向きません。

 

地方銀行カードローンへ申し込みをするときは、審査対応時間と最短審査時間に注意が必要です。

 

消費者金融とどっちが便利?

 

融資の早さや土日祝日の契約という点では、やはり消費者金融が銀行よりも有利といえるでしょう。

 

ただし、利息や提携ATM手数料という点では、例え地方銀行カードローンでも、消費者金融よりも利があるといえます。

 

また、大手銀行カードローンは消費者金融に比べてサービス(例:無利息期間やキャンペーンなど)の充実度で劣ることがありますが、地方銀行カードローンの場合ところによっては大手銀行よりも特典が充実している場合があります。

 

その為、カードローン利用や契約におけるサービスという点では、地方銀行カードローンと消費者金融では互角といえるかもしれません。

 

特に、地域限定の地方銀行カードローンは独自のサービス展開をしていることが多いので、借り入れを検討している方は生活圏内の地方銀行カードローンについて調べてみると良いでしょう。

 

おすすめ地方銀行カードローンはどれ?

 

ネットで「地方銀行カードローン」と検索すると、たくさんの地方銀行がヒットすると思います。

 

大手銀行カードローンや消費者金融カードローンより数が多いので、結局どこの地方銀行を選ぶのが良いの!?と迷ってしまうこともあるでしょう。

 

そこでここでは、日本全国を八区分で分けて各地方でサイト管理者がオススメ!と思う地方銀行カードローンを紹介します。

 

オススメ地方銀行カードローン
  • 北海道=北洋銀行カードローン スーパーアルカ
  • 東北地方=秋田銀行カードローン あきぎんスマートネクスト
  • 関東地方=千葉銀行カードローン ちばぎんカードローン
  • 中部地方=静岡銀行カードローン セレカ
  • 近畿地方=京都銀行カードローン W(ワイド)
  • 中国地方=トマト銀行カードローン Q-Li(キューリ)
  • 四国地方=愛媛銀行 ひめぎんクイックカードローン
  • 九州地方=鹿児島銀行 かぎんカードローンS

 

北洋銀行カードローン スーパーアルカ

 

スーパーアルカは大泉洋さんがイメージキャラクターの地方銀行です。

 

北洋銀行の口座がなくても契約可能で、来店も不要です。

 

スーパーアルカのすごいところは、最高限度額が1000万円という高額であるところといえます。

 

地方銀行カードローンは沢山ありますが、最高限度額が1000万円というのはそうそうありません。

 

提携ATM手数料が0円で利用できるコンビニATMがあるのも嬉しい点です。

 

ただし、北海道に居住地と勤務先がある方しか申し込みは出来ない点が残念といえます。

 

北海道にお住まいの方にスーパーアルカはオススメできる地方銀行カードローンです。

 

秋田銀行カードローンあきぎんスマートネクスト

 

あきぎんスマートネクストは、秋田銀行が扱うカードローンです。

 

口座開設は必須ですが、来店不要でWEB完結契約が可能な地方銀行カードローンとなっています。

 

秋田銀行は専用のスマホアプリも配信しているので、口座開設並びにカードローン利用の利便性が高いといえるでしょう。

 

また、全国からの申し込みも可能となっています。

 

カードローン借り換え先としての利用も可能なので、大手銀行への借り換えには自信がない方にオススメです。

 

ただし、金利が年5.8〜14.8%と若干ですが大手銀行カードローンより高めとなっています。

 

消費者金融カードローンよりは低金利なので、借り換えるメリットはあるといえるでしょう。

 

千葉銀行カードローン ちばぎんカードローン

 

ちばぎんカードローンは関東方面にお住まいの方のみ申込可能な地方銀行カードローンです。

 

口座開設は必須ではありませんが、千葉銀行の口座があるとWEB完結契約ができます。

 

加えて、ちばぎんカードローンをWEB完結契約する場合は、必要書類の提出が不要です。

 

また、審査結果が正午までに届けば、最短即日融資がしてもらえます。

 

限度額が10万〜800万円、金利が年1.7〜14.8%となっており、借り換え利用も可能なのでおまとめ先としてもオススメです。

 

配偶者の方に安定した収入があれば、ちばぎんカードローンは専業主婦の方でも契約が出来ます。

 

静岡銀行カードローン セレカ

 

地方銀行カードローンの中で一番オススメできるのが、全国対応もしている中部地方の静岡銀行カードローン セレカです。

 

口座開設は必要ですが、初回融資に限り、借り入れ側が希望する口座へ振り込み融資をしてくれるので、スムーズに借り入れが出来ます。

 

来店不要でネット申し込みが可能で、契約後も振り込み融資やインターネット返済が出来る為、利便性も抜群です。

 

加えて、初めての契約なら、最大45日の利息キャッシュバックが適用されます。

 

銀行カードローンでは、無利息期間などを扱っているところが少ないので大きなメリットといえるでしょう。

 

最高限度額は500万円とそれほど高くありませんが、借り換え先にも利用可能です。

 

金利も年4.0〜14.5%で、上限金利は大手銀行と同じくらい低金利となっています。

 

提携コンビニATMも手数料0円で利用できるので、地方銀行の中では群を抜いてメリットが多いカードローンといえるでしょう。

 

京都銀行カードローン W(ワイド)

 

京都銀行カードローンWは地方銀行カードローンの中でも、ひときわ低金利といえます。

 

年3.975〜11.975%と、上限金利に関しては大手銀行よりも低金利なので驚きです。

 

返済能力に自信があり、低金利で借りたい方にオススメです。

 

ただし、口座開設が必須なのと、提携ATM手数料が有料な点が若干ネックです。

 

また、近畿方面に在住でないと借りられないという事はないようですが、口座開設と契約締結は銀行窓口で行う必要があります。

 

その為、京都銀行の支店がある近くにお住まいでないと契約が難しいでしょう。

 

トマト銀行カードローン Q-Li(キューリ)

 

Q-Li(キューリ)は銀行名自体も少し変わっているトマト銀行のカードローンです。

 

全国からの申し込みに対応しており、ネットから簡単な項目だけ入力して、詳細は電話で伝えるクイック申込も可能です。

 

Q-Li(キューリ)は最高限度額1,000万円、金利年3.0〜14.5%と貸付条件のバランスが良い地方銀行カードローンです。

 

契約時には200万円を上限とし、契約者本人名義の口座宛に振り込み融資をしてくれるのも嬉しい点でしょう。

 

10万円以下の借り入れ額の約定返済額が2,000円という少額なのも魅力の一つです。

 

ところが、残念ながらアルバイト・パート、専業主婦、年収受給のみの方はQ-Li(キューリ)に申し込みが出来ません。

 

愛媛銀行 ひめぎんクイックカードローン

 

ひめぎんクイックカードローンは口座開設不要でもWEB契約が可能なカードローンです。

 

加えて、WEB契約をすると30日間の無利息期間が適用される、銀行カードローンには珍しいサービスが受けられます。

 

また、愛媛銀行口座でなくても振り込み融資がしてもらえ、返済用の口座も開設不要です。

 

ローンカード発行後は、提携コンビニATMから手数料0円で借り入れ・返済も可能なので、利便性が高いといえます。

 

全国からの申し込みにも対応している、特にデメリットらしい点がない優秀な地方銀行カードローンです。

 

鹿児島銀行 かぎんカードローンS

 

かぎんカードローンSの特徴は最高限度額が1000万円である点とスマホ完結が可能な点です。

 

特に、スマホ完結契約は公式HPにあるQRコードを読み込むことで、すぐに申し込みが出来るので便利といえます。

 

限度額設定が高額である分、金利も年1.9〜14.5%と低金利です。

 

また、専業主婦の方でも配偶者の方に安定した収入があれば、契約も可能となっています。

 

アプリでスマホからも簡単に申し込みが出来る、全国対応の地方銀行カードローンです。