モビットは何円から借りることが出来る?

おかね

 

モビットはネット申し込みからのWEB完結契約が便利なのもあって、出先でもカードローン申し込み・契約が簡単に可能です。

 

加えて、借り入れというと何十万、何百万の融資を受ける事だと思われがちですが、モビットでは1,000円からお金を借りられます。

 

特に最近は、カードローンの借り入れの理由として生活費や交遊費の補填が多いと言われており、1〜5万円程や1万円以下の数千円の借り入れでも利用する方が増えているそうです。

 

昔に比べて、カードローンの利用者に若者や女性が増えてきたこともあり少額でのカードローン利用も珍しくありません。

 

モビットの限度額は1万円〜800万円となっていますが、限度額というのはあくまで借りられるお金の最高額の設定です。

 

その為、例え限度額10万円で設定されたとしても、必要な金額が1,000円なら1,000円だけを借り入れて、残りの99,000円分は借りないなら借りないでも何も不都合はありません。

 

ただし、限度額以下での借り入れに関しては借りた人の自由ですが、限度額以上の金額は借りることは出来ないので注意しましょう。

 

加えて、モビットカードローンは消費者金融カードローンですから、総量規制で年収の3分の1以上の借り入れは出来ません。

 

また、限度額は高い方が、いざもっと沢山のお金が必要になった時に焦らずに済むので、その時必要な金額が10万円にも満たなくても10〜20万円ほどで限度額を希望しておくのも良いと思います。

 

一般的には、初めてのカードローン契約でも限度額50万円ほどまでは年収が150万円以上あれば借りられるといわれているので、限度額10〜20万円ほどで審査に通らない事はそうないことでしょう。
(他社借り入れがある場合は別)

 

借り入れ希望額が少なすぎてカードローン審査に落ちるという事はないので、安心して少額での利用は可能といえるでしょう。

 

モビットは限度額が1万円から800万円

 

お金

 

モビットの限度額設定は1万円からとなっています。限度額とは、自由に借り入れが出来る金額の範囲です。

 

モビットは借り入れが1,000円から出来ることは先述した通りですが、限度額も1万円という低額から希望があれば設定可能なのです。

 

カードローンの中には、限度額設定が10万円が最低額となっているものもあります。
最低でも10万円をどうにか借りたい方は、その方が助かるかもしれませんが、10万円以下の限度額で借り入れ利用していきたい方には不便といえるでしょう。
モビットカードローンなら、限度額1万円から設定できるので1万〜10万円のあいだでの限度額設定も可能です。

 

どうしても必要なお金が高額の場合は、モビットは最高で800万円の限度額設定が可能ですから、限度額は高い方が助かるでしょう。

 

しかし、月に千円から一万円単位ぐらいまでの少額借り入れでの利用をしたい方は、逆に余分なお金を借りてしまわない為にも、限度額は低額の方が安心出来ると思います。

 

それこそ、最低限度額の1万円で借り入れ希望申し込みをして、翌月には借りた分を確実に完済してまた借入れるという使い方をするのも良いかもしれません。

 

ただ実際には5万円くらいの限度額はあった方が、急にお金が必要になった時などに便利でしょう。

 

また、モビットは限度額毎に金利設定がされているわけではないので、限度額が低額での少額借り入れをしても利息額で損をしません。

 

銀行カードローンの場合は、限度額が高いほど金利が低くなっている場合があるので、その場合は限度額を高めに設定された状態での少額借り入れが得です。

 

どちらにせよ、限度額は貸付側が審査をして決めることですが、借り入れ希望額が高ければ、それに見合う限度額設定が必要です。

 

すると、審査のハードルは当然上がりますから、借りたい金額が少ない場合は希望額も必要な分だけにして限度額設定額を欲張らない方が、審査通過がしやすいといえます。

 

もし利用していて、限度額以上のお金が必要になった場合は限度額の増額も出来ますから、借り始めの限度額は低額の方が無難といえそうです。

 

少額借入れ希望額でのカードローン審査は早い?

 

時計

 

借入希望額を10万円までで申し込んだ場合、信用情報に特に問題がなければ、大体どの金融機関でのカードローン審査でも謳っている最短審査時間に近い時間で契約手続きが進められます。

 

簡単な話が、10万円までの借り入れで返済不能に陥る人はそうそういませんから、貸付側もそこまで細かい信用履歴や属性を精査する必要がないからといえるでしょう。

 

モビットなどの消費者金融では総量規制が関係してきますが、10万円を借りるなら年収が最低30万円必要な計算になります。

 

さらにそれを月収にすると25,000円ですから、アルバイト・パートなどでも、例えば時給800円であったとして月に総計31時間以上働いていれば、限度額10万円までの借り入れ契約は可能です。

 

その為、カードローン契約が初めてで、属性スコアリング(年収や勤続年数)が基準の値を満たしている場合は、審査の早い金融機関であれば最短30分ほどで、融資可能かどうかが分かります。

 

一般的に、50万円までの借り入れ希望額であれば、それなりに短い時間でカードローン審査結果が分かるといわれています。

 

借り入れ額の多さよりも、融資のスピードを優先するなら、借り入れ希望額は10万円ほどでカードローン申し込みをすると、最短審査・最短融資時間で借り入れができる可能性が高いです。

 

消費者金融で借り入れ契約をする場合、1社からの借り入れで50万円以上を希望する場合は、総量規制により収入証明書が必要です。
そういった点でも、50万円以下の希望額の方が書類確認の時間が省けるので、審査時間は短くなる可能性が高いのです。

 

消費者金融の金利の高さを考慮する

 

また、消費者金融は基本的に借り入れ額100万円を超えない限りは、金利18.0%が適用されます。

 

その為、100万円までは借入額が増えれば、かかる利息負担も自ずと重くなります。

 

利息負担を考慮すると、下手に返済期間が2年も3年もかかる金額を消費者金融で借り入れるよりは、審査通過と最短即日融資の可能性が高い少額での借り入れがオススメといえるでしょう。

 

50万円まではそこまで借り入れが難しくない。と一般的に言われていますが、50万円を完済するのは1カ月や2カ月では簡単に出来ません。

 

そのように考えると、消費者金融であるモビットでの借り入れも、やはり少額が望ましいでしょう。

 

消費者金融での少額借り入れは利息と返済期間に注意?

 

金欠

 

銀行より消費者金融の方が金利が高いので支払う利息も確かに多くなりがちです。

 

モビットも消費者金融なので上限金利は18.0%と高めです。

 

しかし、少額の借り入れの場合は、返済期間を長期化させなければそれほど金利を気にする必要はありません。

 

例えば、モビットで5万円を金利18.0%で30日間借りると利息は740円で、同日数で10万円借りたとしても利息1,479円です。
ただし、返済期間を長期化させない為には、繰り上げ返済が不可欠といえます。

 

というのは、モビットの借りれ残高10万円以下の約定返済額は4,000円となっているからです。

 

毎月4,000円で返済していては例え5万円での借り入れでも、完済までに14カ月もかかってしまいます。

 

もし、1カ月(30日)後の1回の返済だけで完済が難しくても2,3ヶ月後には10万円以下での借り入れの場合は完済にこぎつけた方が良いといえます。

 

繰り上げ返済は追加返済とも言われるように、約定返済額より多い額を返済することです。

 

モビットで繰り上げ返済するには、ATMから入金するかモビット指定の口座に銀行振り込みをする事になります。

 

銀行振り込みの場合は、振込手数料がかかるのであまりお勧めしません。

 

ATMであれば、モビットのATMに加え三井住友銀行のATMも手数料無料で利用できるので、繰り上げ返済はATMから行うと良いでしょう。

 

ローンカードで借り入れ・返済をする場合はATMでの返済時に多めに返したい金額分も一緒に入金することで、繰り上げ返済になります。

 

WEB完結でローン利用する場合は、手元にローンカードがないので基本的に返済は口座からの引き落としになります。

 

その為、ATMからの繰り上げ返済が出来ず銀行振り込みしかない…と思われるかもしれません。

 

返済日までに「口座引き落としでいくら引き落として欲しい」という連絡をモビットに入れることで、口座引き落としでも繰り上げ返済が可能になります。

 

口座引き落としであれば、繰り上げ返済に手数料がかかることがないです。

 

返済の際の利息を減らす為に繰り上げ返済をするのに、それに手数料をかけるわけにはいきませんから、なるべく手数料がかからない方法で返済をしましょう。

 

外出先でもネットを使ってモビットで手早く借りられる

 

ちょっとした金額を借りるのに大げさな契約をするのは面倒…そんな方にこそモビットがおすすめです。

 

モビットは、WEB完結契約するにしても、カード発行契約するにしても、ネット申し込みからすることで早く融資が受けられます。

 

平日の9:00〜14:50までに契約が出来そうならWEB完結をおすすめします。(三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座が必要)

 

それ以降の時間や土日なら、ネットでカード発行契約申し込み後付近のモビットの自動契約機で契約の締結とローンカードを受け取ることで、最短即日融資を受けることが可能です。

 

カード発行契約の場合、自動契約機には夜9時までにローンカードの受け取りをしに行けば良いので、WEB完結よりも時間に余裕があります。

 

このように、ネット申し込みが出来る環境であれば簡単にモビットでカードローン契約が出来るのです。

 

加えて、本審査の前の10秒簡易審査で融資が受けられるかすぐわかり、10秒簡易審査で融資本審査に入る為、もし審査落ちだとしても時間のロスが少なくて済みます。
(ただし、10秒簡易審査と本審査の結果に差が出る場合もあります。)

 

また、モビットカードローンはスマホからカード発行契約での申し込みをすると、申し込み入力項目が18個と少なく済みます。

 

他社の場合は、少ない場合でも30個前後項目があるので、外出先で片手間にサッと借り入れを申し込むのにもモビットは向いています。