モビットで借りられなかった…どうすればいい?

座り込む

 

カードローン契約は金融機関に申し込みをすれば、誰でもができる。といったものではありません。

 

その為、モビットに申し込みをしたからといって、必ずお金が借りられるとは限りませんし、それは他の金融機関のカードローンでも同じです。

 

万が一、カードローン審査に落ちてしまった場合、モビットに問題があるのではなく、確実に申し込みをした借り入れ契約者自身に原因があります。

 

カードローンを契約するには、与信審査に通る必要がありますが、借り入れが出来ない方はこの審査に通過しません。

 

審査に落ちた原因をまず突き止める?

 

原因は、与信審査の際に精査される信用情報にあることが多いです。

 

他の金融機関からも借入をしている場合は、その他社借り入れ状況に問題があり、それが原因で信用情報に傷がついている可能性が高いです。

 

また、何も借り入れなどしたことがないのに、モビットの審査に落ちた場合、原因が探りにくいのですがよくあるのが、クレジットカードと携帯・スマホの割賦払いが関わっているパターンが考えられます。

 

どういうことかといえば、信用情報に記載される借り入れ履歴は、カードローンに限らず与信の問われる契約の利用状況も同じように記録されるという事です。

 

クレジットカードのキャッシング枠が例えば、総量規制ギリギリの枠での契約で残高も限度額の半分以上ある場合、モビットの審査に落ちる可能性は高いです。

 

携帯・スマホの本体代金の割賦払いを滞納していたりすれば、カードローンでいうところの返済遅延と同じようにそれも信用情報に記録されます。

 

すると、それらのような情報はカードローン審査の上では不利に働きますから、審査落ちとなり借り入れに失敗してしまいます。

 

そして、カードローン審査に落ちた。という記録も信用情報に載ります。

 

その為、例えば、モビットでの審査に落ちた場合、その後カードローン契約もしづらくなってしまいます。

 

その際、立て続けに何件も他の金融機関のカードローンに申込むのは無謀といえるでしょう。

 

審査に落ちた後しばらくはカードローン申し込みしない?

 

ショック

 

基本的に、カードローン契約申し込みをして、その審査に落ちてしまった後は、一定期間借り入れ契約の類を新しく契約するのは控えた方が無難といえます。

 

それは、一つは審査に落ちたという履歴が申し込み履歴として、信用情報に6ヶ月残るので与信として不利な状態であることが挙げられます。

 

もう一つは、カードローンの申し込みを複数に申込むと、各金融機関は自社以外の他社への申し込みも、信用情報の記録から分かるからです。

 

他にの金融機関のカードローンに申し込みをしている場合、借入側が自社で審査に通過した後も他で借り入れをする可能性が拭えないので、そういった点でもマイナスの要因になります。

 

その様な点を考慮すると、カードローン審査に落ちた後はせめて申し込み履歴による信用の傷が消えるまでは、下手に他社に申し込みをしたりしない方が良いといえます。

 

また、どうしても緊急でという事なら、2社までならカードローン審査に再度挑んでも良いでしょう。

 

ただ、その際、信用情報に返済遅延や延滞などの問題がない事が前提でなければ、審査通過の希望は薄いです。

 

そして、カードローン審査に落ちてしまった金融機関の保証会社が扱う、別の金融機関のカードローンには申し込まないように注意してください。

 

というのは、カードローン審査は保証会社が関わっていることが多く、一度審査に落とした顧客を別の金融機関経由でとるとは考えにくいからです。

 

加えて、銀行系消費者金融の場合は、系列にも気を付けた方が良いでしょう。

 

つまり、モビットの場合は、万が一審査に落ちた後は、三井住友銀行カードローンやプロミスへの申し込みは避けた方が良いといえるでしょう。

 

どうしても借り入れの予定を先に延ばすことが出来ない!という場合、モビットで審査落ちした後はその2つではない金融機関での借り入れを検討しましょう。

 

消費者金融審査落ち後の借り入れは厳しい

 

時に、消費者金融でカードローン審査に落ちた場合は、何かしら具体的な信用情報に不利な情報があるという状態が想定されます。

 

それがまだ、返済遅延や申し込みブラック(申し込みでの傷)なら、遅れた分の返済を当分きっちりこなしたり、信用情報から記録が消えるまで待つことで改善が可能です。

 

しかし、返済遅延が3カ月以上続いて延滞になっていたり、債務整理などの異動情報の記録がまだ消えていない場合は、簡単に次の契約先を探せば良い。というわけにはいきません。

 

特に、債務整理など金融事故の履歴が信用情報から消えるには、最高5〜10年かかりますから、すぐに新しく他にカードローン申し込みするという事は出来ません。

 

というより、カードローン申し込みをしたとしても、原因が異動情報の記載の場合、審査に通過することは絶対にないので借り入れ以外の方法で、お金を工面する事を考えるようにしてください。