サラ金とSMBCモビットは同じ!?サラ金は怖くない?

 

最近モビットは、三井住友銀行グループになったこともあって、銀行系というイメージが強いかと思います。

 

その為、モビットは総量規制の対象ではないと思っている方が多いようです。

 

ところが、モビットは貸金業登録をしている消費者金融なので、契約出来るカードローンは銀行カードローンとは別物です。

 

そもそも、銀行系カードローンとは、銀行グループに入っている消費者金融のカードローンを指します。

 

したがって、モビットは銀行カードローンその物ではないので、総量規制の対象です。

 

他社の借入も含めて、自身の年収の3分の1までしか融資を受ける事は出来ません。

 

また、消費者金融は他方ではサラ金ともいわれるので、モビットもサラ金といえます。

 

サラ金は闇金ではない?

 

サラ金というとあまり良いイメージがない方は多い事でしょう。

 

サラ金=高利貸しという、グレーゾーン金利時代の印象のままサラ金という言葉を使っている方は少なくありません。

 

確かにグレーゾーン金利時代は、出資法と利息制限法の金利の上限の差を利用して、本来は取れないはずの利息を取っているサラ金もとい貸金業者がありました。

 

法改正前の出資法の上限金利は29.2%というかなりの高金利だったので、高利貸しと揶揄されても仕方がなかったといえます。

 

しかし、特にモビットに関しては、割と最近になって出来た貸金業者なので、そもそもグレーゾーン金利時代にはありませんでした。

 

加えて、モビットが営業を始めるころには、他の大手サラ金会社も銀行傘下に入っていたので、モビットは当初から銀行系で営業を始めています。

 

また、サラ金というと先述した高利貸しのイメージと相まって、闇金と同じように捉えがちかもしれませんが、サラ金は闇金ではありません。

 

その為、モビットも勿論ですが闇金ではないです。

 

サラ金とは本来、サラリーマン金融という俗語がさらに略称されて使われている言葉です。

 

元々、個人向けの小口融資はサラリーマンを主な対象としていた為、サラリーマン金融というように貸金業者は呼ばれていました。

 

それが呼称が省略されて使われるにつれ、「何となくイメージが良くない貸金業者がサラ金」という誤解のあるイメージとなってしまったのです。

 

イメージを変えるためにサラ金から消費者金融に

 

その様に昨今ではサラ金のイメージが悪いため、モビットを含む大手の貸金業者は、消費者金融というように呼称を変える努力をしました。

 

マイナスのイメージを払拭するのに、最初に述べた「銀行系」という言葉も一役買っているといえるでしょう。

 

CMや広告でもサラ金ではなく、消費者金融という言葉が積極的に現在は使われています。

 

有名な大手サラ金のSMBCモビットなら安心!

 

誰でもTVや中吊り広告で見聞きしたことがあるサラ金は、知名度が高い分安心して利用できます。

 

というのは、CMなどで広く知れ渡っている分、もし法に反した融資の仕方などをした場合に多大な損失を被るのはサラ金側である為、まず問題が起こりにくいです。

 

その為、TVCMなどにも力を入れており、貸金業者の中でも有名どころの大手サラ金であるモビットは、知名度のない街金などと比較して、安心・安全に融資が受けられます。

 

モビットカードローンは、WEB完結契約が出来るなどカードローンとしての性能にもたけており、アルバイト・パートや自営業の方でも利用が可能です。

 

モビットの金利は年3.0〜18.0%と大手の中では標準的ですが、会社規模の小さい中小のサラ金や街金と比較すると低金利といえます。

 

無名で聞いたことがないサラ金は闇金?

 

モビットと同じサラ金で、法に基づいて貸付をしている名の知れていない貸金業者も勿論あります。

 

しかし、やはり中小のサラ金や街金は大手のモビットなどと比較すると、貸付条件やサービスで劣りますし、闇金との見分けがつけにくいです。

 

その為、初めてカードローン契約したりする方は、モビットのような大手がオススメといえます。

 

中小のサラ金や街金は、基本的に与信状態に問題があり、大手のサラ金では借りられない方が申し込む事が多いです。

 

その際、利息0円やブラックOKなど都合の良いことしか記載していないような業者は、闇金である可能性が高いといえます。

 

闇金は違法業者ともいわれるように、法定利息を超えた暴利で融資をし、返済の取り立ても横暴で暴力的です。

 

基本的にあまり見聞きしたことがないようなサラ金には申込まない方が良いでしょう。