最短即日融資のカードローン契約勝ち組の為のポイント!?

 

カードローン契約は簡単に手早くお金を借りる方法だからこそ、借り入れの仕方として人気です。

 

しかし、只々最短即日融資可能!最短30分審査可能!というようなカードローンに申込めば、誰でも無条件に申し込み当日中に借り入れが出来るわけではありません。

 

カードローン契約で最短即日融資を受けるには、要点を掴んでいる必要があります。

 

各金融機関も、事細かに最短即日融資可能な条件を提示しているのですが、正直分かりづらい節があります。

 

その為、ここではカードローンで最短即日融資を叶えるポイントを簡単に要点だけ絞って説明します。

 

まず、カードローン契約での最短即日融資に絶対欠かせないポイントを先に挙げておきます。

 

最短即日融資の必至ポイント!
  • カードローン申し込みは審査対応時間内にする。
  • 平日15時以降や土日祝日は自動契約機を利用。
  • WEB完結での即日融資は銀行口座があること前提。
  • 電話連絡(本人確認や在籍確認)を滞りなく済ませる。

 

WEB完結かカード発行どちらで最短即日融資希望か?

 

カードローン契約の方法には、昨今人気のネット上で申込から借り入れまでを済ませられるWEB完結契約と、従来のローンカードを発行してATMを利用するカード発行契約の2つがあります。

 

実はこのどちらの方法で契約するかによって、最短即日融資可能な条件が微妙に違ってきます。

 

日時をあまり気にすることなく最短即日融資が可能なのは、カード発行でのカードローン契約です。

 

というのは、WEB完結の場合、融資は口座への振り込みになるので金融機関が振り込み業務を行っている時間までに、契約手続きと振り込み申請をする必要があるからです。

 

振り込み融資は、大体平日最高14〜15時までは最短即日対応質しているカードローンが多いです。

 

平日14〜15時まで最短即日振込可能なカードローン

  • モビット=14:50まで要、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行口座。
  • アイフル=14:00まで
  • 新生銀行カードローン レイク=14:45まで
  • 三井住友銀行カードローン=15:00まで要、自行口座
  • みずほ銀行カードローン=15:00まで要、自行口座
  • イオン銀行カードローン=15:00まで要、口座開設

 

ところが、それ以降の時間や土日祝日は基本的にに翌営業日の振り込みになってしまいます。

 

その点、カード発行契約の場合は、審査結果後に契約先の自動契約機や店舗へ赴いてローンカードを発行することで、その場ですぐ借り入れ可能です。

 

各金融機関の自動契約機の営業時間は夜9時〜10時くらいまでと遅くまで稼働しているので、WEB完結の振り込み対応時間委比べて時間の縛りがありません。

 

つまり、自動契約機の営業時間内までに、ローンカードを発行した方が契約手続きの時間に余裕があり、最短即日融資の可能性が高いといえます。

 

ただし、どちらの方法でも、契約先が提示しているカードローン審査対応時間内に申し込みをすることが大前提です。

 

審査対応時間に申し込みが出来なければ、絶対に申し込み当日中の借り入れは不可能です。

 

365日24時間振り込みしてもらえる銀行口座がある?

 

どうしてもWEB完結で平日15時以降や土日祝日でも最短即日融資を受けたい!

 

そういった場合の方法がないわけではありませんが、人によっては契約先が希望通りにいかないことがあります。

 

WEB完結で日時を気にせず最短即日融資を可能にするには、金融機関が365日24時間振り込み融資可能としている銀行口座があることが条件となります。

 

その際、契約先は銀行ではなく消費者金融となります。

 

365日24時間最短即日振り込み融資可能カードローン
  • プロミス=三井住友銀行またジャパンネット銀行口座
  • アコム=楽天銀行口座
  • ノーローン=楽天銀行口座

 

上記の金融機関と口座の組み合わせであれば、カードローン申し込み当日から最短即日振り込み融資に24時間対応かのうとなっています。

 

ちなみに、郵送物なし電話連絡なしのWEB完結で有名なモビットは、時間外や土日祝日の振り込み融資の最短即日対応は行っていません。

 

また、申し込み当日は最短即日融資にはなりませんが、契約しローンカード発行後であれば、オリックス銀行カードローンもジャパンネット銀行口座があることで24時間最短即日振込対応しています。

 

モビットWEB完結では、振り込みでの最短即日融資対応時間に変わりはありませんが、WEB完結後にカードレスでATMからいつでも最短即日借り入れが出来るようになりました。
提携ATMのセブン銀行でモビットスマホアプリを使って、スマホATM取引が可能となったことで、実質WEB完結契約後でも24時間最短即日融資を受けられます。

 

ネット銀行カードローンは即日融資に不向き?

 

カードローン申し込み当日の最短即日借り入れが、一番しづらいのがネット銀行といえます。

 

カードローン契約後は、大手銀行や消費者金融と変わらない条件で最短即日融資可能なのですが、申し込み当日は融資が受けられないことが多いです。

 

というのは、ネット銀行は店舗や自動契約機を設置していないので、カード発行契約の場合、ローンカードが郵送になるからです。

 

振り込み融資対応時間外は、先述してきたように、自動契約機でローンカードを受け取ることで最短即日融資が受けられるので、それが出来ない分即日融資には向いていないといえます。

 

また、ローンカードが契約者の手元に届いてからしか、借り入れが出来ない。としているカードローンがネット銀行には多いです。

 

そうなると、振り込み融資に対応している口座があっても、ローンカードが届いていない為に借り入れが出来ない!というもどかしい状態になってしまいます。

 

金融機関からの郵送物は到着まで、早くても1週間程度かかりますから、その間借り入れが出来ないとなると、急いでいる場合は困る事でしょう。

 

その為、カードローン申し込み当日中に融資が受けたい場合は、なるべく大手銀行や消費者金融へ申し込むのが良いといえます。

 

カードローン契約の在籍確認を無事に済ませるには?

 

そして、意外と最短即日融資で重要なのが在籍確認のスムーズな完了です。

 

在籍確認は、カードローン契約手続きの最終段階ともいえるので、ここまで来て最短即日融資が叶わないと悔しい思いをすることでしょう。

 

一般的な会社員の方などは、会社の営業日と誰かしらは会社にいて電話を取ってくれる、または自分が取れる日時を把握しておきましょう。

 

カードローンの中には、在籍確認可能な時間希望を聞いてくれる金融機関もあります。

 

ところが、正規雇用の方はその程度の配慮で良いのですが、非正規雇用の方は他にも注意点があります。

 

非正規雇用の場合、在籍確認の際に電話口の人に自身の在籍が認められていないことが少なくありません。

 

そんなことがあるの!?と思われるかもしれませんが、実際に事例がカードローン口コミなどであります。

 

少し離れた部署やあまり面識のない方が、在籍確認の電話に出てしまって「そのような者は弊社におりません。」などと言われてしまってはアウトです。

 

また、派遣社員の場合は、派遣先の会社ではなく、派遣元の派遣会社を在籍確認先に指定してください。

 

というのは、派遣社員という属性を金融機関は審査時にチェックする際、派遣登録があることが在籍確認になるからです。

 

時に、会社や企業によっては情報保護のために、外部に従業員の在籍情報などを教えない体制を取っている場合があります。

 

その場合は、一応その旨を申し込み先の金融機関のオペレーターに伝え、どのようにするか相談してください。

 

その際の対応は金融機関によってまちまちですが、中には社会保険証と給与明細をセットを提出する事で在籍確認としてくれるところもあります。

 

カードローン契約で最短即日融資を受ける上で、在籍確認が申し込み当日中に済むように確認しておくことは大切といえます。

 

在籍確認は、カードローン契約では避けて通れない手続きです。

 

万が一、個人的な理由ではなく勤務先の都合などで電話での在籍確認が難しい場合は、契約先の金融機関に申し込みの途中で相談してみてください。
必ず電話連絡なしになるという事はないかもしれませんが、金融機関ごとに対応が違うので、在籍確認について要望がある場合は申し込みの時点で伝えておきましょう。
または、電話連絡なしでの契約が可能なモビットWEB完結での契約をオススメします。