無登録業者の融資勧誘はこんな感じでくる!?

 

闇金とは、正規の貸金業者と違い本来は財務局や都道府県に登録がなされていない、無許可で営業をしている違法業者です。

 

一般的なのは、多重債務者や無収入の方などに、利息制限法で定める以上の法外な高金利で貸付をする悪質な業者のことです。

 

最近多い保証金詐欺などは、貸付をするどころか申し込み利用者から、貸付の保証(または前金)として高額を支払わせるだけして一切融資をすることがありません。

 

正規の貸金業者かそうでないかは、実はネットを利用して簡単に判断することが可能です。

 

たまたま良い例が手に入ったので、ここでは無登録貸金業者の実際のFAX画像を挙げて、どのように正規業者ではないと判断するかを説明していきます。

 

今回送られてきたFAXは、中小企業や個人事業主専門で資金用途自由、全国融資で低金利!という内容になっている企業貸付・ビジネスローンの類を装っているものです。

 

無登録業者FAX-1

 

電話番号よりFAX番号がやたらと強調されていますが、あまり電話問い合わせはしてほしくないのでしょうか?
とりあえず、FAXで申し込みをしてくれ。話はそれからだ。ということなのでしょうか?

 

ちなみに、電話番号をネット検索にかけたところ、電話番号検索サイト1件だけ該当がありました。

 

ところが、企業情報や事業情報はまったくなく、口コミにコメントが一つだけ。

 

「融資のFAXを送り付けてくる迷惑業者の営業案内。」

 

といった内容のものがあるのみでした。コメントをされた方が受け取ったFAXは、おそらく今回のFAXと同様のものなのでしょう。

 

無登録業者FAX-2

 

また、ご丁寧にも自社が無登録貸金業者であることは棚に上げて、系統の違う詐欺(保証金詐欺)についての注意喚起を敢えて載せています。

 

この潟j〇ズオンは、保証金詐欺で稼ぐつもりではないようですが、他の実際の闇金をネガティブキャンペーンすることで、利用者に向けて狡猾なミスリードをしているわけです。

 

こういうものを正しく「小賢しい」というのでしょう。

 

さて、ここで一つこのFAXの最大のツッコミどころは、貸金業者登録番号がどこにも記載されていない事です。

探偵の画像

 

正規の貸金業者の場合、「東京都知事(1)第12345号」のように広告やチラシ、または公式ウェブサイトに登録番号の記載があります。

 

その記載がない場合、違法業者だと思われてしまいますから、正規の貸金業者であれば、財務局や都道府県に許可をもらっている証拠として普通は記載します。

 

ところが、潟j〇ズオンの場合は、送っているFAXに登録番号もなければ、ネット上に会社の公式サイトがあって、そこに掲載しているわけでもありません。

 

ただ、中小貸金業者であればネット運営も難しいのかもしれませんし、本当に登録番号の記載を担当者が忘れてしまっただけかもしれません…。

 

というわけで、送られてきた広告に記載されている情報でとりあえず貸金業者登録検索にかけてみました。

 

登録貸金業者情報検索は金融庁のHPから誰でも出来ます。

 

まず、正規貸金業者であれば大抵は会社名だけ打ち込んでも検索結果が表示されます。

 

登録検索画像

 

例えば、このサイトで詳細解説しているモビットはこのように結果が表示されます。

 

登録検索画像

 

「でも、それって大手消費者金融だからでしょう?」と思う方もいるでしょうから、カードローンや貸金業に詳しくない限り、名前を聞かないような中小消費者金融のフクホーも検索にかけてみました。

 

登録検索画像

 

登録検索画像

 

御覧のとおりフクホーも会社名だけで出ました。

 

ちなみに、中小消費者金融や街金には闇金がそれらしく貸金業登録番号を適当な番号で記載していることもあるので、会社名を聞いたことがないような貸金業者は必ず登録貸金業者情報検索にかけてみてください。

 

フクホーは勿論、上記の結果の通り金融庁に登録のある正規の中小消費者金融となっています。

 

しかし、今回FAXで融資申し込み書を送ってきた潟j〇ズオンは所在地、商号・名称、電話番号を入力しても検索にかかることはありませんでした。

 

もっと細かくいうなら、住所はあるのに郵便番号がなく、会社名はあるものの代表者名がないのでその項目での検索が出来ません。

 

代表者名は、会社の個人情報保護の方針で苗字さえ載せていないのかな?とも思いましたが、担当者の方の苗字はバッチリ載っていますね。

 

実に不思議です。

 

登録検索画像

 

登録検索画像

 

画像を作成したんじゃないの?と思われる方は、ぜひ金融庁HPから検索してみてください。

 

基本的に金融庁HPの登録貸金業者情報検索で出てこないという時点で、無登録貸金業者に違いなく闇金です。

 

ところが、本当に真っ当な融資をしている会社であるのに、闇金の例として挙げてしまう間違いがあるといけません。

 

そこで、今度はGoogleマップで記載してある住所に会社があるかを検索してみました。
(管理者の所在地から東京は遠いので、流石に実際足を運ぶことは出来ませんでした。)

 

ストリートビューで見た感じでは、検索した住所に該当するビルのいずれかにテナントがあり、潟j〇ズオンの社名が看板に見られることはありませんでした。

 

加えて、会社情報(公式企業HPや求人など)がネットに出ていないかどうかも社名と住所合わせて検索してみましたが、一切何もひっかかってきませんでした。

 

どうやら会社自体が存在していないか、かなりアナログな会社なようです。

 

そもそも来店不要で全国融資可能なのに、ネットで積極的に営業展開せずFAXを送るとはどういった了見なのか甚だ疑問です。

 

融資の貸付条件は好条件である為、正規の業者であるなら、それなりの資金力を持っている会社だと予想されます。

 

しかし、こうもネットに会社や事業に関しての情報が出ていないのは何故なのでしょう?

 

もしも公式HPを作成するような企業力がないのだとしたら、逆に潟j〇ズオンがどこかから企業支援を受けた方が良いのではないでしょうか。

 

自身からコンタクトを取ったことがない会社からの電話・FAXは注意!

 

一番の対策は、自身や自社からコンタクトをまったくとったことのないような会社から電話やFAXを真に受けないようすることです。

 

そもそも、こちらから番号を教えたこともないのに電話やFAXで押しかけ営業ヨロシクしてくる時点で、迷惑でありおかしいです。

 

どこから住所や電話番号などがそういった迷惑業者や闇金に渡ってしまうのか、それらを一切排除できる方法はないかというのは、残念ながら憶測は出来ても明確な解決方法を提示するとなるとなかなか難しいものです。

 

会社の場合は、特に多数の人間が出入りすることもありますし、その中の誰かが情報を故意に売り渡してしまう事もないとは言い切れません。

 

しかし、そういう行為がないように各個人一人一人を会社が監視するわけにもいきません。

 

その為、一番現実的なのは申し込みをしてもいない融資連絡の類には耳を貸さない事です。

 

どうしても金銭的に困っているなら、信頼の置ける、自身も見聞きしたことがある正規の貸金業者や銀行から借り入れることを検討しましょう。

 

現在は、政府系金融機関でも特に事業系の貸付に関しては幅広く対応しているので、敢えて、わけのわからない業者を利用する必要はありません。

 

訪問で契約を取りに来る業者は怪しむが吉?

 

また、貸金業者を装った業者はネットや電話、チラシといった方法でコンタクトを取ってきますが、リユース業者紛いや回線業者の悪質代理店などは訪問で売り込みに来ることがあります。

 

正規のリユース業者も回線業者も、基本的に大本の会社から従業員を派遣して訪問営業などは、今はしない時代です。

 

訪問で契約を取りに来るのは、基本的に大手企業の代理店を名乗るイマイチ良く分からない業者です。

 

代理店と大本の会社は、別会社ですし、グループ企業のように提携し合う関係ではありません。

 

そのため、もし代理店業者から適切な説明がなされずに、消費者が契約をしても大本の会社は原則、責任を取ってくれません。

 

先述したFAXによる融資の勧誘もそうですが、安心・安全な契約を結ぶなら自身が把握していないような業者の訪問営業には応えないのが無難です。

 

どうしても気になる契約や業者の場合は、訪れた担当者の名刺をもらい、会社名などをこのページで紹介したようにネット検索などにかけてみることをオススメします。

 

大手企業も悪質な代理業者への注意喚起を行っているので、もし本物の代理店でない場合はネットで調べるだけでも判断がつくといえるでしょう。

 

安全なヤミ金はない!ヤミ金なのに安全なわけがない!!

 

このページにアクセスしてくださる方が検索してきたワードに、「安全なヤミ金」というパワーワードがあったので、思わず笑ってしまったサイト管理者です。

 

ちなみに、このページは上述した違法業者での借り入れを勧めるものでは断じてありません。

 

正規の貸金業者で借り入れが出来なくなったら、違法業者ではなく公的機関の福祉制度に頼るようにしましょう。

 

昨今は、ソフト闇金やマイルド闇金といった、取り立てが厳しくない違法業者が話題に上がりがちです。

 

なんでも、ソフト闇金やマイルド闇金は、利用者が返済日を過ぎてもいつまでも返済を待ってくれる。とのこと…。

 

しかし、その間きっちり法外な金利での利息はかかっていくので、結局のところ返済を先延ばしにすればするほど、利用者もとい被害者は不利な状態になっていきます。

 

つまり、法律にがっつりひっかかってしまうような取り立てはせずに、返済が遅れたことでさらに嵩んだ法外利息を違法業者は大人しく取る事にしたわけです。

 

本来の貸金業者が取ってはいけないような利息を取っている時点で、例え取り立てが厳しくなくても闇金は安全とは言えません。

 

法外な利息は、利用者の金銭状況を脅かしますから、例えその時その場限りではお金が借りられて助かったとしても、先の収支を考慮するとどう考えても違法業者を利用した場合は赤字です。

 

その為、「安全なヤミ金」という現実的でない業者を探すよりも、借り入れ以外でお金を工面する方法も考えることをオススメします。

 

ところで、中小消費者金融は貸金業者に登録があることを確認したうえで利用するのは大丈夫です。

 

確かに中小消費者金融の中に違法業者が紛れていることもありますが、上述した貸金業者登録検索をして企業の実態があれば、正規の貸金業者なので申し込みをしてみても良いでしょう。

関連ページ

消費者金融栄光の自己破産
老舗消費者金融の栄光をご存知ですか?過払金返還請求の負担が負えなくなってしまったようです。
銀行口座は複数開設した方が良い?
今、銀行口座をいくつお持ちでしょうか?ずっと1つの口座を使っていくのと他にも口座を持つの、どちらが良いか説明します。
三菱東京UFJのVISAデビットって便利?
三菱東京UFJ銀行のその場で口座から引き落とされるカード払い、VISAデビットは果たして便利なカードなのでしょうか?
事業資金をファクタリングするって何!?
ファクタリング…聞きなれないワードだと思います。事業の資金繰りに困っている債務者は要チェック!
自衛官はカードローン組めないってホント?嘘!?
公務員はローン審査でも属性が高く評価されるのですが、自衛官は借金が出来ない!そんな噂聞いたことありませんか?どういうことか説明します。
ローン契約(借り入れ)してまで買い物や旅行をする人っているの?
カードローン契約で借りたお金を遊びや趣味、自己投資に使う人って本当にいるの?ちょっとした出費に借り入れするか否か迷っている人の気になるところではないでしょうか?
仮想通貨ビットコインの今
一時期色んな意味で騒がれたビットコインの最近について、なるべく簡単に説明します。
ネット通販ユーザー必見!便利なカードと銀行口座はどれ?
ネットショッピングが購買行動として定着してきて久しい昨今、ネット通販時に利用しているカードや銀行口座を変えると、お得に買い物ができるかもしれません。
単身引っ越し・賃貸費用節約術とコツ!
初めての一人暮らし。いったい何から始めれば良いの!?お金はどのくらいあればいい?足りない場合はどうしよう…。管理者の実体験を交えながら簡単にコツを説明します。
セブン銀行のスマホATM取引とは何ぞや!?
キャッシュカードがなくてもATMから現金引き出しが可能…だと!?いったいどういう事なんだ?サービスの概要とじぶん銀行アプリからの設定実録を紹介します。
学生が持てるカード?アカデミックパスプリペイドカード
学生限定の認証サービスアカデミックパスを知っていますか?この度アカデミックパスを利用したプリペイドカードが発行されました。アカデミックパスプリペイドカードについて説明します。
グーグルウォレットとは何?どこで使える?
グーグルウォレットという言葉を見聞きしたことはありますか?グーグルウォレットについて説明します。