モビットカードローンでMyモビ会員ページを便利に活用する!

 

 

モビットでローン契約をし会員登録をすると、PCやスマホからMyモビ会員ページにログインすることが出来るようになります。

 

そのログインの際、契約申し込みがWEB完結だった方とカード発行申し込みだった方とで微妙に違います。

 

Myモビのログイン画面には、カード番号と暗証番号の組み合わせで入力するものと、ユーザーIDとインターネットパスワードの組み合わせで入力するものの二つがあります。

 

このどちらかの組み合わせでログインするわけですが、WEB完結で契約した場合はローカードが発行されないのでカード番号が入力できません。
つまり、カード番号と暗証番号の組み合わせはローンカードでのモビット利用者がログインする用、ユーザーIDとインターネットパスワードの組み合わせの方はカードレスでのモビット利用者用となっているのです。

 

2017年4月24日より、不正アクセスなどによる情報の漏えい防止をより強化するために、モビットカードローン会員ページMyモビへのログイン時に必要な項目が3項目に増えました。
カード番号と暗証番号、ユーザーIDとインターネットパスワードいずれもログインの際、それらに加えて生年月日が必要となります。
生年月日は和暦でも生年月日でも入力可能となっています。
ちなみに、モビットユーザーIDやインターネットパスワードを忘れた場合は、公式HPメニューの「モビットユーザーID・インターネットパスワード再登録」から再度設定が可能です。

 


会員ページで出来ることは、振り込み融資の申請、利用状況照会、各種登録の変更、カード紛失・盗難の連絡、取引履歴照会、電子領収書ダウンロード、書類提出、振込返済口座照会、借り入れ・返済相談などです。

 

ただし、モバイル(スマホや携帯)からではなくPCからの利用でなければ利用できないメニューがあります。それは以下の表の通りです。

 

Myモビサービスの種類

パソコン

モバイル

アプリ

振込キャッシング

全て利用可能

利用可能

利用可能

利用状況照会

利用可能

利用可能

登録内容変更

メールアドレスのみ変更可

利用不可能

ユーザーID変更

利用可能

利用可能

インターネットパスワード変更

利用可能

利用可能

カード紛失・盗難の連絡

利用可能

利用不可能

契約内容照会

利用不可能

利用不可能

取引履歴照会

利用不可能

利用不可能

電子領収書ダウンロード

利用不可能

利用不可能

書類提出

利用不可能

利用可能

振込返済口座照会

利用不可能

利用不可能

返済シミュレーション

利用不可能

利用不可能

借入れ・返済相談

利用不可能

利用不可能

提携ATM一覧

利用不可能

利用不可能

ローン申込機検索

利用不可能

利用不可能

Myモビメッセージ

利用不可能

一部のメッセージのみ受信

 

会員登録して一番ありがたい事は、振り込みキャッシング利用の際に最短3分で融資が振り込んでもらえることでしょう。(平日14:50までに振り込み手続きを完了させる)
融資までの目安時間があらかじめ設定してあると、即日融資は融資でもいつ融資されるのか分からなくてやきもきする…というようなことが軽減されます。

 

ただし、あくまで最短3分なので混み具合によっては時間がかかることもある。という点は理解しておきましょう。
加えて、振込キャッシングで利用する金融機関口座の変更をする場合もMyモビから可能です。

 

次にポイントなのは、電子領収書サービスです。領収書や利用明細書を郵送ではなくネットでダウンロードできるようになります。郵送物なしのローン契約希望の場合にうれしい点です。

 

利用明細書も手元に置く必要がない為、うっかりポケットや財布に入っていてローン利用がバレてしまうという事がありませんし、WEB完結で契約してこのサービスを利用すれば、まずカードローンの利用を周囲に感づかれることはないでしょう。

 

時に、住所や電話番号、勤務先など、契約申し込み時に登録した内容に変更があった時には、なるべく早い段階で変更内容をモビットに伝える事が大切です。
会員ページの登録内容変更のメニューから変更が可能ですが、モバイルからはメールアドレスの変更のみしかできないのでご注意ください。

 

モビットスマホアプリでも、住所や電話番号などの登録内容の変更はできないので、ネット上で情報の修正をする場合はPCでMyモビ会員ページにログインしましょう。

 

特に、住所や勤務先などの変更をしないままにしていると、ある日突然限度額が下げられてしまう恐れが有ります。
というのもローン契約とは信用取引である為、万が一延滞などがあった際に利用者と連絡が取れなくなったり居場所が分からなくなって貸し倒れになってしまうリスクとして見込まれてしまうからです。

 

また、結婚などによる氏名の変更や、家族構成に変更があった時はモビットのコールセンターに直接連絡するようにしてください。
契約時に登録した情報は、ローン利用者の返済能力に関わる情報なので正確な情報でなくてはならないのです。

 

モビットに申請した登録情報の更新は、後述するモビットカードローン利用停止の原因にもなる場合があるので、注意しましょう。

 

会員ページから変更可能な情報や電話で変更を伝えるべき情報は、カードローン審査のうえで属性といわれます。
金融機関は、途上与信を契約後もチェックするので、もし登録内容と現在の顧客の情報が違うと、貸付可能額を見直さなくてはいけなくなるのです。
そのような情報の確認は、モビットだけでなく、ローン商品を取り扱う金融機関はどこも行っています。

 

お知らせをMyモビメッセージで確認する

 

モビットでWEB完結契約をした方は、基本的に契約後も電話連絡がありません。(返済が滞った場合は別。)

 

その為、増額案内やお知らせがあるとしたら、SMSかMyモビメッセージにその連絡が入ります。

 

大体、重要な連絡事項はSMSで送られてきますが、任意で確認するようなお知らせは、自分で会員ページで確認する必要があるといえます。

 

返済シミュレーションはこまめに利用しよう!

 

カードローンは、追加借り入れが限度額の範囲内で自由に繰り返し可能なので、常用していると残高が分かりにくくなることもあるでしょう。

 

加えて、利息もかかってくるので、結局完済するにはどれくらいの月日がかかって、何円必要なのか分からない!とならないように、返済シミュレーションのこまめな利用をオススメします。

 

返済シミュレーションは、会員ページにログインしてもPCなら利用できますし、ログインしなくてもモビット公式HPに返済シミュレーションのページは設置されているので、手軽に自身の返済計画が立てられます。

 

PCで会員ページログインすることで、取引履歴の確認も可能なので、最低月に一度は自身のモビットカードローン返済状況を確認するようにしましょう。

 

ガラケーでもMyモビページは利用できる?

 

モビットは、ガラケーからのWEB申し込みも受け付けています。

 

その為、ガラケーからのMyモビページへのアクセスも可能です。

 

例えば、スマホが壊れて代替でガラケーやフィーチャー・フォンを利用している時でもMyモビログインが可能ですから、ガラケーからも振り込みキャッシングができるというのは、もしもの時のメリットとして大きいでしょう。

 

Myモビ会員ページからの増枠は可能?

 

カードローン利用の際の会員ページには、増枠申請が出来るメニューが設置されていることも少なくありません。

 

しかし、上の会員ページメニュー画像を見てもらうと分かると思いますが、増枠申請のような項目がありません。
では、モビットではネットの会員ページから増枠の申し込みが出来ないのか?といえば違います。

 

メニューの下の方にある借り入れ相談の中に、増額審査を申し込むという項目があるので、そこから増枠申請がネットからも可能です。
ただし、ネットで出来るのは増枠の申し込みと、その件について連絡が可能な電話番号と連絡希望日時を入力する事までです。(増枠審査時に必要書類を提出するのには、メニューの書類提出システムが利用可能)

 

その後、増枠申し込みや再審査についてはオペレーターとの電話でのやり取りとなるので、すぐに申し込みをして対応してもらいたい場合は、コールセンターに直接電話をした方が早く手間がないといえそうです。

 

モビットのスマホアプリからMyモビ利用が可能になった?

 

時に、モビット公式スマホアプリがリニューアルしたことで、アプリ内でMyモビのメニューの一部が利用できるようになりました。

モビットアプリ内のMyモビから出来ること

  • 振り込みキャッシング
  • 最短3分で預金口座へ融資が振り込まれます。
    * 平日9:00〜14:50までに手続き完了の場合

  • スマホATM取引
  • 利用状況照会

    次回約定返済日、次回約定返済額、利用残高、利用可能額が確認できます。

  • ユーザーID変更
  • インターネットパスワード変更

 

アプリからMyモビログインして、サクッと振り込みキャッシング依頼が出来るのは、利便性が高くなったといえます。

 

加えて、2017年5月15日からは、モビットスマホアプリをインストールしていると、ローンカード(モビットカード)がなくてもカードレスでセブン銀行ATMから、借り入れ・返済が可能になりました。

 

Myモビで指定の銀行口座に振り込みキャッシングした借り入れ金を、そのようにスマホATM取引を利用して出金することも可能です。

 

スマホATM取引は、文字通りスマホを使うのでモビットスマホアプリでしか利用できません。

 

ただし、登録内容変更やカード紛失・盗難の連絡は、ネットからMyモビ会員ページにログインしなくては利用できません。

 

Myモビ会員ページにログインできない!?その理由とは?

 

Myモビにログインできなくなった際に考えられる原因は、一つはログインIDやパスが間違っている事、もう一つは利用停止になっている事の大きく二つです。

 

前者の場合は、モビット公式サイトから、ID照会、インターネットパスワードを忘れた方、ユーザID・インターネットパスワードを忘れた方という項目があるのでそこから再発行できます。

 

困るのは利用停止になる事ですが、まずは営業時間9:00〜21:00までにモビットコールセンターに問い合わせてみてください。

 

その際、ローン利用に問題がある為に借り入れが出来ないようになっている。という事であれば、それが解消されるまで返済をこなしてみてください。

 

利用停止が解消されるまで、Myモビ会員ページで確認できる利用限度額は0円と表示されます。

 

利用停止の原因が、信用情報などローン審査の基準に関わる問題の場合は、ひょっとすると「詳しく答えられない」とモビットのオペレーターに返事をもらうかもしれません。

 

貸付側が審査基準を口外しないというのは当たり前ではあるのですが、利用停止の原因がまったく思い当たらないと困ってしまいます。

 

そこで一度自身のローン状況などを振り返ってみることをお勧めします。
絶対にこれらの要因であるとは言えませんが、参考までに以下の点を見直してみると良いと思います。

 

急にMyモビ利用停止にされたときに考えられる理由

 

債務・他社借り入れが増えた。

契約時の登録情報から現在までに変更があったのにモビットに伝えていない。

遅延・延滞をした。

属性(年収や仕事の変更など)が下がった。

 

また、モビットでローンが利用できない状態でどうしても緊急の借り入れがしたいという場合は、他で借り入れ契約をするしかありません。

 

しかし、契約中のローンが利用停止状態の時に借入先を複数に増やすのは、後に多重債務になる可能性が捨てきれないのでおすすめしません。

 

しかも、モビットカードローン利用停止になってから日が経っている場合は、利用停止になっている状態が信用情報に記録されている可能性が高いです。

 

すると、新規で他の記入機関のカードローンに申込んだとしても、他社借り入れ(モビット)の状態が悪いと判断され、審査に落ちる恐れがあります。

 

上記のようなことが原因でモビットカードローンが利用停止になった場合、利用停止が解除されるまで約定返済をするしかありません。
ただ、利用停止後にちゃんと返済をしていっても、人によっては一度完済するまでは追加借り入れが出来ない事もあります。
特にモビットで問題がなく、且つ他社借り入れなどがあったりするわけでもないのに利用停止になった場合は、Myモビ自体の不具合かもしれないのでその場合もモビットコールセンターに連絡してください。