モビットカードローンは無利息期間なし?

不満

 

大手消費者金融のカードローン契約では、各金融機関で初めて契約する方に限り、一定期間の無利息期間が適用されるサービスがあります。

 

プロミス、アコム、アイフル、ノーローンにはそれぞれ無利息期間サービスがあります。

 

しかし、モビットも大手消費者金融ではありますが、残念ながら無利息期間サービスの取り扱いはありません。

 

その為、消費者金融でカードローン契約をすれば、無利息期間が適用されると思っている方は注意してください。

 

モビット以外の大手消費者金融のカードローンでは無利息期間サービスがある事を考えると、無利息期間サービスがまったくないのはデメリットといえるでしょう。

 

確かに、モビットカードローンの金利は他の消費者金融とほぼ変わりませんから、金利面では無利息期間がないデメリットは大きいです。

 

ところが、モビットカードローンでは、その代りに他の金融機関では扱っていないサービスがあります。

 

カードローンの利用を、例えば半年や1年という短期間の利用で完済する予定の場合は、無利息期間のある金融機関のカードローンで借り入れをした方が得です。
しかし、長期の借り入れの場合は、無利息期間の効果が最終的にあまり感じられない可能性が高いといえます。
その為、返済が長くかかりそうな借り入れの場合は、無利息期間サービスがあるところよりも、基準金利が低金利なカードローンで契約をすることをオススメします。

 

無利息期間だけがカードローンのポイントじゃない!

 

オペレーター

 

モビットカードローンでしか扱っていないサービスとは、契約手続きの中での電話連絡一切なし。というものです。

 

これは、消費者金融の中でも特にサービスが豊富なプロミスでも扱っていないサービスです。

 

というよりも、カードローンを取り扱っている銀行、消費者金融の中でも唯一モビットだけが行っているサービスです。

 

電話連絡なしのサービスは、モビットカードローンへWEB完結申し込みすることで適用されます。

 

さらに、モビットカードローンWEB完結申し込みでは、電話連絡なしになりますが、自宅への郵送物もなしになります。

 

電話連絡も郵送物もカードローン契約において、借り入れ側の状況によっては非常にネックなポイントです。

 

例えば、家族に借り入れが知られて心配をかけたくない場合や勤務先で万が一でも借り入れの事実が知られないか不安で仕方ない場合などが挙げられるでしょう。

 

それらの借り入れ側が思う懸念がモビットカードローンWEB完結申し込みをすることで払拭出来ます。

 

ただ、WEB完結申し込みをするにあたって、必要な物がいくつかあります。

 

まず、WEB完結でカードローンを契約する場合、融資は振り込みとなり、モビットからの振り込みに必要な口座として三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座があることが前提となります。

 

加えて、社会保険証(もしくは組合保険証)と直近1カ月分の給与明細がカードローン申し込み時に必要となります。

 

結構必要なものが多いな…と思うかもしれませんが、他の消費者金融のカードローンでも、より便利に希望に合わせた契約をしようと思うと、特定の銀行口座が必要だったりすることが多いです。

 

手数料無料で利用できる提携ATMもある

 

電話連絡なしの他にも、モビットカードローンで無利息期間の代わりにあるサービスとして、三井住友銀行ATMが手数料無料で利用できることが挙げられます。

 

無利息期間のある消費者金融の中で、自社以外の提携ATMが手数料無料で利用できるのはプロミスだけです。

 

他のアコムやアイフル、ノーローンは自社ATM以外でのローンカードを利用した借り入れ・返済には手数料がかかります。

 

しかし、モビットカードローンであれば、カード発行申し込みで契約後、モビットのATMに加え三井住友銀行ATMからも借入・返済が手数料無料で可能です。

 

ATM手数料は何度も払っていると、利息と同じくらい出費として嵩む可能性があります。

 

また、2017年5月17日からはセブン銀行のスマホATM取引がモビットカードローンでも利用できるようになり、さらにATM利用の利便性が高くなります。

 

スマホATM取引が利用できるようになると、ローンカードを常に携帯する必要がなく、WEB完結契約後の振り込みを待つ必要がなく借り入れが可能になります。

 

そのような無利息期間以外のサービスも含めて、カードローンの利便性を比較すると、必ずしも無利息期間がないモビットカードローンが劣っているとは一概にいえないでしょう。

 

また、無利息期間サービスは基本的に、サービスを取り扱っている契約先で初めてカードローン契約をする方のみに適用されることが多いです。
その為、再契約をした際には、無利息期間サービスが適用されません。
しかし、モビットのWEB完結契約や手数料無料で三井住友銀行のATMが利用できるサービスは、初めての方に限らず受けることが出来ます。

 

そもそもカードローンの利息はなぜ取られる?

 

カードローンの無利息期間は嬉しいサービスですが、どの金融機関の無利息期間も当たり前ですが日数に限りがあります。

 

カードローンで借り入れた金額に対して、金利が掛けられ算出されるのが利息ですが、この利息なしに貸金業は成り立ちません。

 

利息は、金融機関にとって利益なので、借り入れをしたなら出来れば払ってもらいたいお金です。

 

ところが、ただお金を貸すという単純なサービスだけでは、消費者が利息の支払いに納得しない嫌いがあるため、昨今のカードローンは多様なサービスが盛り込まれています。

 

加えて、利息は貸付側の利益ではありますが、借り入れ側の保証料の役目も担っています。

 

カードローンは、基本的に担保・保証人不要の信用貸しです。

 

しかし、実際は契約先の金融機関やその金融機関の保証会社が、顧客の借り入れに対して保証を担っています。

 

その保証料の一部が、カードローンの金利には含まれているために、住宅ローンやマイカーローンなどと比べると、カードローンは圧倒的に高金利です。

 

住宅ローンやマイカーローンなどの高額借り入れが主な目的ローンは、金利の他に保証会社を通す保証料が別途かかってくることが多いと思います。

 

それとほぼ同じ役割をカードローンの金利は担ってもいるわけです。

 

モビット以外にある無利息期間サービスの中身は?

 

無利息期間がないなら、モビットで契約するのやーめた!という方もいる事でしょう。

 

そこで、簡単にモビット以外の大手消費者金融で取り扱われている無利息期間サービスについてもまとめてみました。

 

ちなみに、無利息期間サービスといっても、無条件にそれが受けられることは少ないです。

 

その為、各金融機関で無利息期間を受けるための条件も同じくまとめました。

 

プロミス

  • 30日間無利息
  • 起算日は借入の翌日
  • ポイントサービス利用で無利息復活可能

初めて契約の方限定
メールアドレス登録とWEB明細を利用

 

アコム

  • 30日間無利息
  • 起算日は契約の翌日

初めて契約の方限定
返済期日35日ごとで契約
無担保カードローンのみ対象

 

アイフル

  • 30日間無利息
  • 起算日は契約の翌日

初めて契約の方
無担保キャッシングローンのみ対象

 

ノーローン

  • 7日間無利息
  • 起算日は借り入の翌日
  • 何度でも無利息適用

最初の無利息は無条件
その後は完済で翌月に無利息期間適用

 

無利息期間を受ける場合は、起算日に注意が必要です。

 

というのは、もし契約してすぐに借り入れをしない場合、起算日が契約の翌日だと無利息期間を何日か無駄にしてしまう事になります。

 

その為、カードローン契約後すぐに借り入れをしない場合は、起算日が借り入れの翌日からになっている無利息期間がある金融機関を選ぶのが良いでしょう。

 

また、上記の無利息期間があるカードローンの内、プロミスとノーローンだけは、無利息期間を利用中に復活させることが出来ます。

 

プロミスなら、プロミスポイント会員に登録し、所定のポイントを貯めることで7日、15日、30日という無利息期間が任意で再度適用可能です。

 

ノーローンの場合は、残高を完済してまた借り入れをした際、翌月にも7日間無利息が適用され、利用中何度もその繰り返しが可能となっています。

 

一重に無利息期間サービスといっても、それぞれ内容や適用条件が違いますから、確認して申し込みをしましょう。

 

各消費者金融の金利は?

 

ちなみに、無利息といっても契約から完済までずっと無利息期間が続くわけではありません。

 

その為、無利息期間が終わってしまうと、上記の消費者金融でもモビット同様に利息が発生します。

 

その時に、各消費者金融の金利はどのくらいか?といえば以下の通りです。

 

消費者金融カードローン

金利

モビット

実質年率3.0〜18.0%

プロミス

実質年率4.5〜17.8%

アコム

実質年率3.0〜18.0%

アイフル

実質年率4.5〜18.0%

ノーローン

実質年率4.9〜18.0%

 

基本的に、消費者金融のカードローン金利はそこまで大差ありません。

 

強いて言うなら、プロミスがわずかに低金利といえます。

 

その様な点を考えると、無利息期間が1度きりの場合は、無利息サービスがないモビットとあまり利息に差がないともいえるでしょう。

 

ただ、無利息期間をフル活用してその間に完済するような少額の借り入れに関しては、やはり無利息サービスがあるところを利用した方が良いでしょう。

 

銀行カードローンに無利息期間はないのか?

 

ところで、無利息期間があれば利息が削減できるわけですが、同じく利息を減らす方法として低金利の銀行カードローンで初めから契約するという手もあります。

 

その際に、銀行カードローンには無利息サービスはないのか?といえば、あります。

 

が、無利息サービスをいつでも扱っている銀行カードローンは基本的に少額借り入れの場合、金利が上記の消費者金融と変わりません。

 

つまり、銀行カードローンにしては高金利といえます。

 

無利息期間がある銀行カードローンの金利

  • 新生銀行カードローン レイク=実質年率4.5〜18.0%
  • ジャパンネット銀行 ネットキャッシング=実質年率2.5〜18.0%

 

上記銀行カードローンが基本的に常に無利息期間サービスを取り扱っていますが、上限金利を見てもらうと分かるように消費者金融とほぼ同じ金利です。

 

その為、もし、銀行カードローンでずっと低金利で借りるつもりなら、銀行カードローンの場合は無利息期間がないところを選んだ方が良いかもしれません。

 

また、普段は無利息サービスを行っていない銀行カードローンでも、たまに利息キャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることがあります。

 

低金利な銀行カードローンが利息に関するキャンペーンをしている時を狙って、申し込みをするのも良いでしょう。