延滞しそうな時はまずモビットに連絡!

延滞の電話画像

 

ローンの利用で避けるべき返済の遅延や延滞。

 

うっかり支払い忘れてしまった!今回の返済日に払えるお金がない…など、返済遅延・延滞に至る理由は様々ある事でしょう。

 

延滞してしまう事が自分であらかじめ予測できている場合は、返済日が来る前にモビットコールセンターに連絡をしてください。

 

1〜2日ほど返済が遅れるだけなら、基本的にはコールセンターへ連絡することで事なきを得ます。

 

また、返済遅延をしてしまった後でも、なるべく自分から連絡する事で支払いをする意思があることを伝える必要があります。

 

自分から何もアクションせずに放置をしていると、このまま貸付側から踏み倒す気なのではないか?と疑念を抱かれてしまいます。

 

その場合、後日限度額が著しく下げられたり、利用停止にされてしまうので、うっかりの場合も早急に返済についてモビットに申告しましょう。

 

モビットに連絡すると、いつまでに、いくらなら支払えるか?という相談になります。

 

返済日をただ忘れていたという場合なら、翌日には支払った方が良いです。

 

というのは、いたずらに返済日を先にするとその分遅延損害金が嵩むからです。

 

遅延損害金は、利息同様に日数が経つほど金額が大きくなります。

 

現段階では、どうしても返済が出来ない…というう場合は、モビットと交渉しつつなるべく早い段階で、無理なく返済出来る金額を決めます。

 

時に、約定返済額を支払うのは難しいが、利息分のみなら支払える。という場合はそのままみすみす遅延や延滞するのではなく、この場合もモビットコールセンターに連絡してください。

 

返済日に利息分だけの支払いでも良いか問い合わせて了承されれば、直近の返済日の支払いは利息分の金額だけで済み、延滞にもならないので遅延損害金がかかる事もありません。

 

ただし、支払ったのは残高にかかる利息分のみなので元金(借りたお金自体)の返済は1円もされません。

 

つまり、何度も利息のみの支払いでやり過ごすのは残高の返済において不都合であることは理解しておきましょう。

 

返済遅延を放置すると督促がきます。

 

返済連絡

 

ちなみに、返済遅延を起こし、その後何もモビットに連絡をせずにずっと返済を滞らせていると、モビットからまずは電話で督促がきます。

 

ただし、WEB完結契約などでカードローン契約をした場合は、初っ端から電話がかかってくるわけではありません。

 

モビットWEB完結契約者はSMSでまず督促

 

WEB完結利用者の場合は、まず、SMS(ショートメッセージ)で返済がされていないことが約定返済期日後すぐに届きます。

 

その連絡を受け取り次第モビットに返済をすれば、1日分の遅延損害金を支払って、ハイ終わり。めでたしめでたし…。で済みます。

 

しかし、1回目の連絡を受け取って以降もモビット側に返済をしたり、連絡を入れないと、今度こそは電話連絡が入ります。

 

ちなみに、口コミを見ていると、電話連絡に応答しない時点で、モビットカードローンは利用停止にされることが多いようです。

 

カードローンでの利用停止にされたとしても、出来なくなるのは借り入れだけなので、返済義務がなくなるわけではないことは理解の範疇だと思います。

 

利用停止になった場合、カードローンは返済しか出来なくなり追加借り入れが当分出来ません。

 

場合によっては、返済遅延分を払っても直ぐに利用停止が解除されないことがあります。

 

というのは、貸し付け側がまだ借り入れ側の返済能力を疑っている為、すぐに残高が増やすことがないように様子を見ているのです。

 

電話を無視すると郵送物発生

 

モビットからの電話連絡を無視するとなると、次は自宅に督促のハガキが届きます。

 

その際の郵便物の発生は、例えモビットでWEB完結契約をしていてもなしにすることは出来ません。

 

貸付側は、金銭借用契約の内容が借り入れ側によって不履行とされた場合、正当な理由が認められれば、契約時のサービスに関係なく返済の請求が可能となっています。

 

借り入れ側が、電話連絡での催促に応じない、または電話では連絡が付かない場合は、書類の郵送での督促が貸付側の正当な請求手段として認められています。

 

督促状到着後も2〜3カ月延滞が解消されない場合は、給与が差し押さえられます。

 

差し押さえられる金額は、借り入れ契約だけのことではなく、様々な料金未払いの場合も、手取りの4分の1までとなっています。

 

差し押さえまで事態が深刻化するのなら、それより前の段階で債務整理などの手段を取った方が賢明といえるでしょう。

 

モビットからの督促連絡やハガキを無視し続けると、裁判所からの督促に変わり返済できていない残高全額の一括請求を求められます。
そうなった場合、裁判所へ行き分割での返済が可能ならば、貸付側と再度約定返額と返済日を交渉して決めなおします。
裁判所からの督促を無視した時点で、給与やお金に代わる諸々の財産は差し押さえになる可能性が高いです。
その為、裁判所からの督促が届いて、尚且つ返済に充てるお金がない場合は、処分を待つのではなく任意整理・個人再生・自己破産など、自身の金銭状況に合わせて、専門家を介して債務をどうするのかきちんと処理をしましょう。

 

返済遅延の連絡は誠意をもって正直に

 

返済が遅れることの連絡をコールセンターにすると、なぜ遅延するのかの理由といつまでに返せるかなど、オペレーターから質問がいくつかされます。

 

人によっては質問が煩わしく感じるかもしれませんが、契約で定められている返済を滞らせている時点で、契約不履行として非は借り入れ側にあります。

 

その為、誠意をもって正直にモビットのオペレーターからの質問に応えましょう。

 

あまり態度が悪い応答をを返すと、信用情報に影響があるわけではありませんが、モビットに顧客情報として残る可能性が否めません。

 

返済遅延をしたという事は勿論、情報として金融機関に残りますが、参考情報として督促の電話などの時の顧客の返答などが記録されることがあります。

 

すると、例えば短期とはいえ返済遅延を繰り返している方や督促時に悪態をつく方などは、社内ブラックになってしまう可能性があります。

 

信用情報に記される異動情報などの事故情報は、最高でも5〜10年で消えます。

 

しかし、金融機関で記録・保管されている顧客情報は、いつまで保管されているか分かりません。

 

一般的に、社内ブラックになってしまうと半永久的に金融機関に記録が残り、例えば信用の喪が明けても再度その金融機関でカードローン契約をすることは出来ないといわれています。

 

遅延と延滞の違いは?

 

時に、遅延と延滞は実際には違いがあります。その違いは返済遅れの期間の長さにあります。

 

遅延の方は延滞より軽度の遅れ、つまり短期間の支払い遅れを意味します。

 

具体的な期間としては、返済期日から2ヶ月以内の遅れであれば遅延といい、それ以上の期間のものを延滞といいます。

 

致命的な金融事故情報(異動情報)として信用情報に載るのは延滞になってから。とも言われますが、遅延ならしても大丈夫というわけではありません。

 

また、延滞として信用情報には載らなくても、借入先では返済に遅れたという記録がされますから、後に増枠などがしにくくなるなどローン利用に影響が出ます。

 

加えて、クレジットカードのキャッシング枠なども併用していると、返済遅延の履歴が付いた時点で限度額が減らされたり、キャッシング機能が停止されたりします。

 

契約しているカードローンでの借り入れが利用停止になるだけの話ではないのが、金銭借用契約のシビアなところです。

 

信用は個人間の貸し借りでも、利息を払って金融機関を相手にしての借用契約でも、重要であることが仕組みから理解していただけると思います。

 

返済の遅延損害金とは?モビットの延滞利率について

 

そもそも延滞時に発生するといわれる遅延損害金とは何か?

 

といえば、借り入れ側が規定の期日に支払いをしなかったことにより貸付側に損失が生じたとして、損害賠償として借り入れ側が法律上支払うべき金銭のことです。

 

簡単にいってしまえば、延滞したことによる罰金(違約金)です。

 

各金融機関ごとに一定の利率で定められており、遅延利息または延滞利息などと言われたりもします。

 

遅延損害金は利息制限法で、制限利率の1.46倍までと決められています。

 

モビット遅延損害金

 

借入額(元金)×遅延損害金年率 ÷365日 × 延滞日数

 

のような計算式で割り出すことが可能ですが、延滞時(または前)に貸付側に問い合わせればいくらになるか教えてくれます。

 

モビットの遅延損害金率は20.0%なので、例えば、10万円借りていて延滞を30日していたとしたら、遅延損害金は1,643円となります。

 

時に、金融機関の中には、遅延損害金率が自社のカードローンで定める上限金利そのままというところもあります。

 

その場合、モビットの遅延損害金率よりも低い数値であることがありますが、そんな部分でカードローン契約先を選ぶ必要はないといえます。

 

遅延損害金は、返済が滞った際にかかるものですから、しっかりと毎度の約定返済をこなしていれば意識する必要はありません。

 

寧ろ、契約時に返済が遅れるかもしれない…などと考える程金銭的に厳しい場合は、借り入れではなく生活保護などの制度を頼りましょう。

 

遅延損害金は返済額とは別で支払うのか?

 

本来あってはいけないことですが、物凄く延滞が嵩んでいる場合は遅延損害金分を返済とは別に一括返済か、せめて少しずつ繰り上げ返済する必要があります。

 

しかし、例えば遅延日数が10日ほどであれば、次の返済日にいつも通り約定返済額(最低返済額)を支払えば良く、別途で遅延損害金として払う必要はありません。

 

というのは、返済額として支払った金額から優先的に遅延損害金分は引かれ、次に通常の利息、残った分が元金の返済に充てられるので、普段通り返済をするだけで遅延損害金の支払いに自動的になるのです。

 

ただし、返済額として支払った金額が遅延損害金に充てられた分、元金は減りません。

 

その為、上乗せ返済や繰り上げ返済が出来る場合はした方が良いです。

 

遅延損害金を見越して、返済額に上乗せて支払いたい場合は、オペレーターに延滞の旨を伝えると同時に次回の返済額に遅延損害金分を上乗せした金額を尋ねておくと良いでしょう。

 

どっちがカードローン返済忘れにくい?口座振替とATM返済

 

昔のローン利用における返済忘れは、ATMに約定日に支払いに行くのを忘れるというものでした。

 

最近は、そのような理由での遅延・延滞が防げるように口座から約定日に自動で引き落とされる返済方法がローン契約時に選べるようになっています。

 

モビットの場合はWEB完結契約であれば、自ずと返済は口座振替(自動口座引き落とし)となります。

 

カード発行契約でも希望をすれば、口座振替での返済が可能です。

 

ただし、約定日に返済額分のお金が口座にないと返済がされません。

 

自動で支払われるという油断から「返済日に口座にお金がない!」という事も無きにしも非ず、です。

 

そういう点では、自分でATMに返済日に赴くという行動を起こす必要があった方が良いのかもしれません。

 

ただ、モビットはWEB完結契約がやはり利便性が高く人気ですから、口座引き落としでの返済を忘れないようにするサービスもしっかり用意しています。

 

一つはMyモビ会員ページにログインすることで、約定返済日と返済額の確認が自分のタイミングで確認できます。

 

リニューアルされたモビットの公式スマホアプリからも、簡単にモビットカードローンの取引状況が確認できます。

 

加えて、支払い期日案内メールにアドレスを登録して利用すれば、返済日を前もって知らせてくれます。

 

支払い期日案内メールのアドレス登録設定は、PC版のMyモビページからしか出来ないので、返済日の連絡がメールでほしい方は、カードローン契約完了後すぐに登録することをオススメします。

 

返済の遅延・延滞はしないに越したことはありませんから、返済に関するサービスの利用は心がけるようにしましょう。