モビット無人契約機での申し込みの特徴

けいやくき

 

モビットには専用の自動契約機(ローン申込機)が有ります。

 

自動契約機は、基本的にビルの一室にあったり、公衆ボックスのような形で駅近くや駐車場の一角にあったりします。

 

金融機関の方が在中している物ではないものの、店舗というように表現されることもありますが、ローン契約をするための機械が置いてあるだけの無人店舗です。

 

その為、無人契約機やローン契約機とも言われますが、最近は自動契約機という方が一般的かと思います。

 

モビットローン申込機で出来る事
  • タッチパネルでのカードローン申し込み
  • モビットカード(ローンカード)の発行
  • 収入証明書類の提出
  • オペレーターへの問い合わせ

 

自動契約機があることによって、モビットでは最短即日融資対応平日14時50分以降、土日祝日でも出来るようになっています。

 

基本的な営業時間は9時〜21時までですが、設置場所によっては営業時間が短い所もあるので、モビット公式サイトで自動契約機の営業時間を確認してから余裕をもってローン契約申し込み・借り入れをするのが良いと思います。

 

また、モビットがカードローン審査を最短30分で対応しているのは、月〜金曜日(祝日以外)の19時までの申し込みとなるので、なるべく早く融資が受けたい場合は、その時間までに申し込みを済ませましょう。
(申込の曜日、時間帯によっては審査が翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

自動契約機の営業時間には間に合っても、モビットの審査対応時間内にカードローン契約手続きが済んでいないと、最短即日融資を受けることは出来ないので、注意しましょう。

 

最初から自動契約機を利用してのローン契約をする場合は、本人確認できる書類(運転免許証、各種健康保険証など)と必要な方は収入証明書類を持参するのに加え、自宅の郵便番号も用意(覚えていればOK)しておきましょう。

 

モビットローン契約機利用時に用意するもの

 

申し込み後フリーコールに連絡からの自動契約機が便利

 

融資を急いでいる場合、カードローン審査を出来るだけ早く行ってほしい!と思う事でしょう。

 

その場合、モビットカードローンでは申し込み後にフリーコール(0120-03-5000)に連絡すると、優先的に審査をしてもらえます。

 

審査結果の連絡が折り返しきた後、自動契約機を利用することで、スムーズに申し込み当日中の借り入れが出来ます。

 

特に、モビットWEB完結での最短即日振込融資対応時間外の場合は、その流れでのカードローン申し込み手続きが一番早いといえます。

 

自動契約機からのローン契約はオペレーターに質問が簡単に可能

 

自動契約機は無人ではありますが、備え付けの電話からモビットのオペレーターの方とやりとりが可能です。

 

カードローン契約手続き中でも、すぐ気になった点をその場で聞けるというのも自動契約機の利点といえます。

 

特に、モビットの場合は有人の店頭窓口がないので、モビットとカードローン契約するにあたって聞きたいことがある方には、自動契約機の利用をお勧めします。

 

時に、WEBからの契約で質問などがあるときはモビットコールセンターに電話で問い合わせると、同じくオペレーターの方が対応してくれます。

 

加えて、モビットには元々、女性専用申し込み窓口やダイヤルは用意されていませんが、申し込みの際に一言伝えれば、担当オペレーターを女性の方に指定することは可能です。

 

レディースキャッシングについて詳しくはこちら⇒

 

モビットの自動契約機は本審査の結果前にカード発行!

 

モビットカードローン申し込み方法

 

カード発行申し込みを自動契約機からする場合、契約機の案内に従ってタッチパネルで申し込みした後、10秒簡易審査結果が画面に表示されローンカードが発行されます。

 

カードの発行が本審査の結果通知前になされるので、ここでまずモビットで借り入れ契約が出来ないという事はありません。

 

その後で、本審査に必要な詳細情報と収入証明提出をして、モビットから審査結果連絡の確認が電話で入り、その内容について承認することで発行されたモビットカードが利用可能となります。

 

本審査の確認連絡とは、審査の結果金利が何%で限度額がいくらでの契約が可能で、その契約内容で良いか?という確認になります。

 

詳細情報を追加しての審査となるので、10秒簡易審査の結果とは微妙に本審査で可能とされる契約内容は違ってくる場合があります。

 

よくあるのは限度額が本審査の結果、希望の金額よりも少し低い金額での契約になることです。

 

しかし、そこで契約をしないというのは勿体ない事です。

 

限度額の場合、借り始めの設定はどうしても50万円以下がローン契約の一般的な限度額といわれています。

 

特に、消費者金融の場合は総量規制の兼ね合いもあり、ローン契約者の年収の1/3以上の金額での融資は不可能とされています。

 

しかし、限度額は契約後にしばらくローン利用した後、増額申請をすることが可能です。(勿論、総量規制の範囲内で)

 

その為、契約時の限度額が希望額を下回ったからといって、既にローンカード発行まで完了しているカードローン契約をわざわざ辞退しない方が賢明といえます。

 

増枠の際にもネットからの申し込みに加え、ローン契約機からの増枠申請も可能になっています。(増枠には再審査があります)

 

三井住友銀行の自動契約機がモビットの契約でも利用可能に!

 

けいやくき

 

モビットの自動契約機は、消費者金融の中では今まで台数が少なく自動契約機を使いたくても使えない事がネックでした。

 

ところが、2017年10月2日からモビットカードローンの契約に三井住友銀行の自動契約機が利用できるようになり、モビットでも自動契約が使いやすくなったといえます。

 

モビットの自社自動契約機約400台と三井住友銀行自動契約機約700台、合わせて約1,100台がモビットでの契約で利用可能です。

 

ただし、2〜3年の間にモビットは自社自動契約機に関しては、すべて廃止しする方針を打ち出しています。

 

その為、2017年現在はモビットの自動契約機も利用できますが、数年の間に自動契約機は三井住友銀行のものだけに統一されます。

 

しかし、三井住友銀行の自動契約機の方がもともとの設置台数が多いので、今後モビットでの自動契約機の利用が不便になってしまうような事はないでしょう。

 

モビットは三井住友フィナンシャルグループなので、グループの中で自動契約機の利用を統一する事でコスト削減に繋げる狙いがあるようです。

 

また、モビットはカード発行契約よりも、WEB完結契約の方が利便性が高いので、そこまで自動契約機の需要がない事も理由の一つといえるでしょう。

 

モビットで自動契約機を使うと郵送物なしにはならない!

 

モビットカードローン契約は、WEB完結申し込みをすると、電話連絡・郵送物なしで内緒にバレない借り入れが可能なのが利用者に嬉しいメリットです。

 

ところが、カード発行申し込みで即日融資を希望する際に自動契約機を利用してもモビットの場合他社と違い、カード以外のローン契約関連の書類が郵送となってしまうのです。

 

例えば、同じ消費者金融のプロミスの場合は自動契約機で契約締結を完了させると、カードと一緒に契約書も発行され郵送物がなしに出来ます。

 

しかし、モビットの自動契約機はカードのみの発行しかできません。その他の書類(入会申込書、契約内容確認書、預金口座振替依頼書、返信用封筒など)は郵送での受け取りとなってしまいます。

 

その為、モビットは郵送物なしって聞いたのに…という失敗をしない為に、郵送物を一切なくしたい場合はカード発行申し込みではなくWEB完結でのローン契約をしましょう。

 

モビットローン契約機でのローン契約はこんな方におススメ!

  • 土日祝日に申し込み&契約で最短即日融資を希望の方。

  • オペレーターにカードローン契約について聞きたいことがある方。

  • ローンカードを手元に持ってATMから借り入れ・返済がしたい方。

  • パソコンなどの扱いや入力が苦手な方。

 

モビットの自動契約機は全国で400台以上(2017年3月現在)設置されています。

 

他社消費者金融の専用自動契約機の台数と比べると少し少なめですが、モビットの強みにはWEB完結契約もあるため提携ATMの台数は約130,000台(2017年6月現在)と沢山有ります。

 

その為、カード発行後は自動契約機を無理に探さなくても、街中にあるモビットの提携ATM(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行など)で借り入れや返済が十分に可能です。

 

また、カード発行申し込み後に、借り入れ・返済(返済は契約時に口座振替を指定することも出来る)を口座を利用した方法に変更をすることもモビットでは可能となっています。

 

ネットや電話申し込みからのカードの受け取りだけ自動契約機も可能

 

PCやスマホ、電話の利用が苦ではない方は、日常の隙間時間に申し込みだけそれらの方法で済ませて、契約の締結とカードの発行だけを自動契約機ですると、融資までの時間が短縮できます。

 

特に、ネット申し込みであれば24時間受け付けているので、自分のタイミングで申し込みが出来ますし、自動契約機で審査結果を待つような時間も省けるのでおすすめです。

 

電話申し込みの場合は、コールセンターが営業している9時から21時の間に申し込みを済ませます。

 

申し込みの際に、カードの受け取り方法をローン申込機と指定することで自動契約機からカード発行が可能となります。

 

申込完了後、取得できる予約番号を自動契約機に入力すると、モビットのローンカードが発行されます。

 

モビットWEB契約と自動契約機どっちが早く手続き出来るのか?

 

モビットカードローンの契約で、申し込みの入力項目が一番少なくて済むのはスマホからのカード発行申し込み(WEB完結契約は除く)となっています。

 

その他のWEB申し込み・契約と自動契約機の申し込み項目が22個のところ、スマホからのカード発行申し込みであれば18個で済みます。

 

加えて、急ぎの融資を希望の場合はネット申し込み後に専用のフリーコールに連絡することですぐに審査をしてもらえます。

 

その後は、融資を振り込みで受ける(WEB完結)かカードを自動契約機で発行するか選びます。

 

モビットのWEB完結契約で平日の9:00〜14:50までに手続き完了出来るなら、契約後すぐに振り込みキャッシングをすることで最短3分で融資金が口座に入ります。

 

その為、平日の9:00〜14:50までに契約ができるならWEB完結の方が最短3分で口座に振り込みをしてもらえるので、自動契約機までカードを受け取りに行くより早いといえます。

 

しかし、14:50以降や土日の場合は振り込みが翌営業日になってしまうので、その場合はネット申し込み後、急ぎ融資でモビットに連絡を入れカード受け取りを選択し、自動契約機を利用して融資を受けた方が早いです。