モビットなら派遣社員の在籍確認が簡単なのか?

WEB完結契約をする派遣社員

 

派遣社員の方がカードローン契約において一番ネックとなってくるのが在籍確認でしょう。

 

ところが、困るから…といって、カードローン契約における在籍確認を避けることは出来ません。

 

勤務している事実の確認は、貸し付け側の金融機関にとって、融資をしても返済してもらえる収入減がある事の保証です。

 

また、在籍確認は申し込み時に申告した年収や職業などの属性情報の裏付けにもなりますから、重要といえます。

 

派遣社員の方が、そんな大切な在籍確認を滞りなくするのにオススメなのがモビットカードローンです。

 

 

電話連絡先は派遣先?派遣元?モビットなら選択可能!

 

大体の金融機関が電話で勤め先へ在籍確認を取ることが多いです。

 

モビットもカード発行申し込みの場合は、その方法での在籍確認となります。

 

基本的にローン契約の際、派遣社員の方は在籍確認されるにあたって、派遣先ではなく登録している派遣元を勤務先として申し込みをしなくてはいけません。

 

しかし、このモビットの電話連絡での在籍確認も、他の金融機関と比べるとローン利用者の要望に合わせて対応してくれます。

 

モビットでは派遣社員の方が電話での在籍確認をするのに派遣元にするか派遣先にするか選択できるようになっています。

 

というのも、派遣元によっては、個人情報保護の面から派遣登録者の在籍に関して確認が取れない場合があるからなのですが、そんな事態も見込んで在籍確認先をどちらか指定できるのは嬉しいサービスです。

 

在籍確認が融資スピードを左右する!

 

在籍確認は、カードローン契約手続きの中でもわりと終盤にあたります。

 

その為、在籍確認電話のやり取りが上手くいかず、時間を要すると融資までがスムーズにいきません。

 

他の金融機関での在籍確認の場合は、事情があってもとりあえず先に派遣元に確認をするので、その時間をかけたくない人は是非モビットでの契約を検討していただくと良いと思います。

 

派遣先の職場の方が電話連絡での在籍確認がし易いと分かっている場合は、初めからモビットで在籍確認を派遣先に指定出来るよう申し込むのが効率が良いです。

 

また、在籍確認の電話とは言わなくても良いですが、自分あての電話が入る旨を在籍確認先に指定した職場には伝えておくと、スムーズに確認が完了します。

 

派遣元や派遣先が営業している時間でなくては、電話での確認が出来ません。
その為、電話連絡があるカードローン契約では、派遣元や派遣先の営業日時に注意する必要があります。

 

電話連絡なし希望!そんな時にモビットWEB完結契約?

 

スマホ使う女性

 

ところが、派遣元と派遣先両方で電話による在籍確認が上手く取れないこともあるかと思います。

 

派遣社員の方が電話での在籍確認で困る例として以下のようなものが挙げられるでしょう。

 

電話での在籍確認で困る事

 

派遣先へ在籍確認

  • 個人情報保護の社則により在籍確認が出来ない。
  • 派遣社員について把握していない可能性がある。

派遣元へ在籍確認

  • 派遣会社自体に勤務しているわけではないので確認が取れない。
  • 登録している派遣社員宛の連絡は取り合わないことがある。

 

事情を説明しようにも、なかなか「ローン契約の為の在籍確認の電話がかかってくる」なんていう事は働き先に言いづらいですし、他に何か理由(クレジットカードの審査という口実が一般的ではありますが)をつけるのも心苦しいものです。

 

そんな状況を回避できるのが、モビットのWEB完結契約です。

 

モビットでWEB完結契約で在籍確認をするなら、社会保険証(または組合保険証)と直近(1ヶ月)の給与明細などの必要書類さえ用意すれば、電話連絡をなしに出来ます。

 

カードローン契約に際して、電話連絡なし可能なサービスを取り扱っているのは2017年現時点で、モビットカードローンのみとなっています。

 

銀行カードローンは勿論、他の消費者金融カードローンでも、どんな条件を満たそうとも電話連絡なしになることはありません。

 

その為、モビットでのWEB完結契約での電話なしは画期的なサービスといえるでしょう。

 

しかし、ここで問題となるのは社会保険証の用意でしょう。

 

派遣社員の方が社会保険証を取得するには、派遣先の正社員の4分の3以上の労働時間と、雇用契約期間二カ月以上である必要があります。

 

社会保険加入条件がちゃんと働いていることになっているため、社会保険証があるとカードローン審査にも有利に働きます。

 

社会保険証がない派遣社員の方がモビットのWEB完結契約をしても、電話連絡をなしにすることは出来ないので注意してください。

 

また、モビットのWEB完結契約をするには三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必須となります。

 

ただし、モビットでWEB完結契約する場合、平日14時以降や土日祝日は最短即日振り込み融資は出来ないので注意が必要です。

 

平日14時以降や土日祝日にモビットWEB完結契約する場合は、初回借り入れはは振り込みではなく、SMBCモビット公式スマホアプリとセブン銀行ATMを利用して借り入れすることをオススメします。

 

カードローン契約に際する、勤務先への在籍確認は色々と不安があるものだと思います。
しかし、だからといって所謂アリバイ会社(偽装会社)のようなところを介してカードローン契約はしないでください。
もし、それで借り入れが出来たとしても、アリバイ会社を使ったことが契約先にバレた時点で、強制解約となり残高を一括請求されます。
また、自身の情報を偽って金銭の絡む契約をしたわけなので、詐欺罪で事実上訴えられる可能性も0ではありません。

 

アルバイト・パートでもWEB完結可能?

 

店員

 

ちなみに、派遣社員の方以外にアルバイト・パートの方でも、必要な口座と社会保険証があればモビットWEB完結契約は可能です。

 

ただ、上述の通り、社会保険証を取得するには正社員の方並みの勤務日数と勤務時間が求められるので、学生や主婦の方が片手間に働いている場合は、難しいかもしれません。

 

モビットカードローンのWEB完結契約が電話連絡なしで手続き可能なのは、社会保険証と収入証明書の提出が必要である。という条件によるところが多いです。

 

必要な条件を満たしているのであれば、派遣社員や契約社員、アルバイト・パートでもモビットカードローンWEB完結申し込みが可能です。

 

ただし、カードローン審査結果によっては、WEB完結ではなくカード発行での契約となる場合もあります。

 

その場合は、自身の与信に問題があることが考えられるので、信用情報にキズが付くような心当たりがないか考えてみてください。

 

モビットWEB完結では社会保険証が必須ですが、カード発行契約であれば社会保険証や組合保険証がなくても申込契約が可能です。
もし、社会保険証がなくWEB完結できなくても、モビットカードローンが契約できないわけではないので、安心してください。
ただし、カード発行契約の場合は電話連絡なしにならないので、申込時の在籍確認先に注意が必要です。

 

国民保険証よりも社会保険証は審査で有利?

 

時に、モビットWEB完結契約に社会保険証が必須であるのは、社会保険証がカードローン審査のうえで重要なポイントだからといえるでしょう。

 

というのは、日本には国民皆保険制度という制度があり、誰しも必ず国民保険または社会保険に入っているわけですが、国民保険は原則基準がありません。

 

しかし、社会保険は先述したように、一定の労働日数や時間を満たしており、社会保険の事業所となっているような会社・企業に勤めていなければ加入が出来ません。

 

その為、自分名義の社会保険証を持っているという事は、カードローン契約では働いて安定した収入が見込める証拠となるのです。

 

基本的に、本人確認書類は運転免許証かパスポートの提出が一般的ですが、もし健康保険証で提出する場合は、国民保険証よりも社会保険証(+その他本人確認可能な書類1点)を提出することで、審査に有利になる可能性があります。

 

特に、派遣社員などの非正規雇用者の方は、社会保険証の有無で借り入れかの額などが多少変わってくるので、社会保険に入っておくことをオススメします。

 

正社員じゃないとローンの限度額が低い?

 

悩む

 

派遣社員の方に限らないかもしれませんが、在籍確認に次いで気になるのが派遣社員という属性で最高いくら借りられるのか?という事ではないでしょうか。

 

ハッキリ言ってしまうと、正社員の方が勤続年数も重ねやすく、年収も安定していますし、辞めるにしても退職金が出るという事もあるので、ローン審査に有利ですし限度額も派遣社員の方と比べると高く設定され易いです。

 

時に派遣社員の方は、契約の期間があるのでいつ収入が途切れてしまうか分からないという点がローン審査でひっかかるところです。

 

つまり、収入の安定性が正規雇用者の方より劣ってしまうという事です。

 

では、派遣社員の方と正社員の方を比べるとものすごく限度額に差があるのかといえば、それは一概に言えません。

 

収入(年収)が派遣社員として働いていても高額であれば、それ相応の限度額が付きますし、例えば勤続年数1、2年の正社員より同じ派遣先で5年でも8年でも働いている派遣社員の方が、審査の上での評価は高くなるからです。

 

ちなみに、無職だった方が派遣登録だけして勤務先も決まっていないのに、カードローンに申込むのは無謀です。
申し込み時に、勤続年数の項目で嘘をつくわけにもいかないので、せめて1年以上は派遣社員として働いてから、カードローン契約を検討しましょう。

 

モビットは最高で800万円の限度額が設定されるのですが、これは消費者金融の中でトップクラスの金額です。

 

最高限度額の設定が高くなければそもそもそ多くのお金が借りられませんから、その点でモビットの限度額はは十分と言えるでしょう。

 

ところが、年収、勤続年数、最高限度額うんぬんの前にモビットは消費者金融ですから、総量規制の範囲内での借り入れになる事は理解しておく必要があります。

 

また、モビットに限らずローン契約時に設定される限度額は一般的に50万円以下といわれています。

 

その為、もし初めの限度額が30万円ほどでも、それが属性や年収によるものだけではないと思うようにしましょう。

 

カードローンは信用取引ですから、健全なローン利用実績を積み重ねる事が一番の評価に、つまるところは限度額アップに繋がるのです。

 

カードローンは、利用中に限度額の増額を申し込むことが可能です。

 

その為、返済遅延や他社借り入れもなく、堅実にこまめにカードローンを利用しているなら、増額審査を受ける事で借りられる金額を増やすことが出来ます。

 

ただし、増額審査の際に信用情報に悪影響のある履歴があると、逆に減額をされてしまう事もあるので、そのあたりの見当には注意が必要です。

 

派遣社員は独身かどうかでもカードローン限度額が左右される!?

 

時に、同じ派遣社員でも独身であるか、配偶者がいるかで場合によっては契約時の借入額が変わってきます。

 

というのは、カードローン審査で貸付側が一番見極めたいのは、なんといっても、借り入れ側に貸し倒れリスクがあるかないか。だからです。

 

実際は、なにも派遣社員の方だけに関係のある事ではないのですが、正社員の方よりもどうしても審査では評価が低くなりがちなので、不安要素として大きいという事です。

 

ただし、独身でも、例えば実家暮らしである場合は、カードローン審査の上において配偶者がいる派遣社員の方とほぼ同じ評価だといえます。

 

何故かといえば、独身かどうか?実家暮らしかどうか?という審査の基準は、貸付側からすると、万が一契約者本人が返済不能に陥ってしまった場合の保険だからです。

 

貸付側がカードローン審査で精査したいのは、借りてちゃんと返せるかどうかですから、後ろ盾があるのとないのとでは評価が変わってくるのです。

 

特に、派遣社員やアルバイト・パートといった非正規雇用者の場合は、本人に働く意思があっても、時と場合によって急に仕事がなくなり、収入が途絶えてしまう可能性を貸付側は危惧して、限度額をなるべく抑えた契約にしがちです。

 

そこでさらに、収入が途絶えてしまう可能性があるうえに、代位弁済の当てもなさそうである。ときたら、お金を貸す側としては高額を貸し付けるのはいささか不安です。

 

このような評価はカードローン審査の中でも属性の精査にあたりますが、借り入れが出来るか否かは信用情報履歴に多分によるものの、借りられる金額に関しては、属性に左右されることもあるという事です。