三井住友銀行グループのSMBCモビットは消費者金融?

 

消費者金融の中でも区分が有ります。一般的なのは大手・中小という分け方がありますが、実はそれ以外にもあります。

 

銀行系消費者金融

 

という一見すると、いったい銀行と消費者金融どちらを指しているのかよく分からない言葉を見聞きしたことはないでしょうか。

 

これは、銀行ではなく消費者金融のことをいいます。

 

銀行系と冠しているからといって、総量規制の対象外ではありません

 

たまに逆の情報もありますが、銀行系消費者金融で借り入れをすれば総量規制が適用されない。などとというのは間違いです。

 

時に、SMBCモビットも三井住友銀行グループではありますが、銀行ではなく消費者金融ですから総量規制が適用されます。

 

ちなみに、他の消費者金融はというと、プロミスもSMBCモビットと同じく三井住友銀行グループ、アコムは三菱東京UFJ銀行系、アイフルはノンバンク(独立)系というように分かれています。

 

アイフルだけは銀行の傘下に入っていないので、大手で唯一のノンバンク系消費者金融といえます。中小消費者金融もバックに銀行がついていない事が多いのでノンバンク系の方に分けられます。

 

ノンバンクというのは本来、預金業務を行わない銀行以外の貸金全般、つまりリース業者やクレジット会社も含めたものを指します。

 

その為、元々は消費者金融系ノンバンクというように言われていました。

 

ところが、貸金業法改正で経営にあおりを受けた大手消費者金融のほとんどが会社を維持させるために銀行の傘下に入った為、今のような区分で使われるようになりました。

 

消費者金融の銀行系とノンバンク系でローン利用に差はあるのか?

 

銀行系・ノンバンク系はいずれも消費者金融のことだというのは先述した通りですが、それぞれのローン利用に差異があるのか気になるところだと思います。

 

基本的には、同じ消費者金融という枠内なので、例えば金利が極端に銀行系とノンバンク系で違うということはありません。

 

一番違いがあると言い切る事が出来るのは、銀行系消費者金融は安心して利用できるという事です。

 

実際に契約するのは消費者金融であっても、その消費者金融が銀行のグループ会社であるという事によって信頼が出来ます。

 

後ろ盾が銀行(グループ)なので、突然の不況や金融恐慌などがない限り、倒産してしまうということもありません。

 

敢えて他にも参考程度の違いをあげるなら、ローン契約時の審査が銀行系は企業元の銀行も審査に関与する場合がありますが、ノンバンク系は自社の審査基準でローン審査を行います。

 

ただし、これは審査基準に違いがあるというだけであって、だから銀行系・ノンバンク系どちらの審査が甘いというわけではないので、その点は勘違いしないようにしましょう。

 

あとは、初め消費者金融で借りいていたものを銀行に借り換えたい。
となった時、初め借りていた消費者金融が保証会社をしている銀行への借り換え審査が利用実績によっては有利になる可能性があります。

 

モビットの場合なら、三井住友銀行と提携しているので、健全な利用実績をモビットで積んでおけば借り換え先に三井住友銀行であれば、ローン審査の際モビットでのローン利用実績が審査の参考にされ、有利になる可能性がある。という事になります。

 

サラ金は消費者金融の事なのか?

 

もう一つ貸金業者の名称でよく見聞きするのがサラ金。

 

これはサラリーマン金融の略称で、今でいう銀行系・ノンバンク系すべてひっくるめて消費者金融のことを一応は指しています。

 

そもそもサラリーマン金融という言葉自体が貸金業者の俗称です。

 

というのも、もともと現在の消費者金融の顧客はサラリーマン、つまり働いている男性がローン契約のメインターゲットであったが為に生まれた言葉です。

 

ところが、近年女性の社会進出も進み、借り入れをする層も資金目的も徐々に変わってきました。

 

加えて、多重債務が社会問題になった背景もある為、貸金業法が改正され経営に打撃を受けたことをきっかけに、一昔前のサラ金=借金という「如何にも」なイメージを拭う必要が貸金業者にはあったのです。

 

そうして、貸金業に宛がわれるようになった名称が消費者金融であり、よりクリーンなイメージを打ち出すように銀行傘下である消費者金融は銀行系消費者金融と表現されるのです。

 

ちなみに、つまるところサラ金=消費者金融というのが現代の正しい認識の仕方であって、ヤミ金融などの悪質違法業者はサラ金とは言いません。

 

ノンバンク系中小消費者金融は危険?

 

時に、中小消費者金融や街金なる貸金業者は、一様にノンバンク系です。

 

銀行の後ろ盾がないので、大手消費者金融と比べると最高限度額が低めで、金利も法律で定められている上限金利ぎりぎりの高金利の所が多いです。

 

その為、ノンバンク系の中小消費者金融は多少貸し倒れリスクがみられる顧客でも扱う事で運営しています。

 

銀行系消費者金融でローン契約が出来るなら、そちらから借りた方がかかる利息的にも使い勝手的にも良いのですが、大手の銀行系消費者金融では審査に通過できない方はノンバンク系の中小消費者金融をあたります。

 

その際、全部の業者が怪しいわけではないのですが、中小消費者金融や街金にヤミ金融がなりすましている(似たような名前で営業している)場合や、貸金業者として一応は登録されているものの、あまり良い評判がない業者がいます。

 

ですから、ノンバンク系中小消費者金融や街金を利用するには正確なリサーチが必要ですし、正規の業者で借りたとしても、金利の高さや借り入れ・返済にかかる手数料等に気を配る必要があります。

 

銀行系とは単なるネームバリューではなく、実際に銀行と提携している消費者金融は利用者が安心・安全にローン契約が出来るようになっているのです。