モビットのローン貸付条件に明示されていない

メガね

 

外国の方が日本の金融機関でカードローンが出来るかどうかは各消費者金融、各銀行の貸し付け条件によって違ってきます。

 

銀行で外国の方がカードローン契約をするなら永住許可が必要になりますし、消費者金融の外国の方への貸付対応をしているところで契約するなら在留カード、または、特別永住者証明書などの提出が条件として提示されています。

 

そこでモビットはどうなのかと言えば、外国の方のカードローン契約について特に禁止もされていませんが、永住許可が必要なのか在留カードの提出で良いのかなどが記載されていません。

 

その為、モビットカードローンを外国の方が利用できるかどうかは、はっきり言って微妙です。

 

モビットのローン審査に関わってくる保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社であり、同じ保証会社のプロミスは外国の方の借り入れにも対応しています。

 

しかし、もう一方の同保証会社でローン審査が行われる三井住友銀行カードローンはモビットと同じく、はっきりと外国の方への申し込み案内があるわけではありません。

 

そこで、もし、外国の方がモビットでのローン契約を考えている場合は、一度モビットに問い合わせてみて、申し込み自体受け付けてもらえるか、審査してもらえるかを確認してから必要書類を準備して申し込みをするのが良いでしょう。

 

ただし、融資を急いでいるのなら、ローン契約の必要書類の所に「外国の方は在留カード、または、特別永住者証明書を用意」と明記してある金融機関でローン契約申し込みをした方が審査も早く済むと思うので、他の金融機関をあたる事をお勧めします。

 

モビットで外国の方でも申し込みが受け付けられた場合は、必要書類として在留カード、または、特別永住者証明書が他の本人確認書類や収入証明と合わせて必要になるので用意を忘れないようにしましょう。

 

外国の方がカードローンに申込む際の本人確認書類は、パスポートもしくは日本で取得した運転免許証が一般的です。
それに加えて、在留カードなども必要となってくるので、モビットは明確な記載がありませんが申し込む前兄必要な書類も問い合わせてすべて揃えて置くことをオススメします。

 

また、モビットのWEB完結なら申し込みに間違いがなければ実際オペレーターと会話しなくてもローン契約手続きを進めることが出来ます。

 

しかし、メールやWEB画面に表示される手続きに必要な案内の日本語が理解できないと、借り入れは難しいでしょう。

 

加えて、カード発行申し込みでの契約の場合は、電話でのやり取りがあるので日本語がまったく話せないようだと、申し込みは出来てもローン審査に通らない可能性があります。

 

その為、ある程度日本語が理解できる、話せるようにしておく必要があるといえます。

 

外国人の方がモビットなど日本の金融機関でカードローン契約をする際に、最低限必要な条件は以下の通りです。

 

外国の方がモビットなどで借り入れをする条件
  • 日本に在住している
  • 日本語での会話が可能
  • 安定した収入がある

 

上記を最低限満たしていれば、カードローンに申込む事は可能です。

 

その後、無事審査通過出来てお金が借りられるかは、必要書類が揃得られる事と自身の与信や属性にかかってきます。

 

その点に関しては、外国の方だろうと日本人だろうと変わりません。

 

日本に在住し働いていることが前提

 

東京タワー

 

基本的にモビットカードローンに限ったことではなく、外国人の方が日本でローン契約をする場合、日本に住んで、日本で働いている事が条件となります。

 

勿論、カードローン申し込み時にそれらが証明できなくては、モビットに限らず日本の金融機関でお金を借りることは出来ません。

 

その為に、永住許可や在留カードなどが必要なのです。

 

また、在籍確認においても日本国内の会社や企業で確認が取れなくてはいけません。

 

母国で働いている。というのは、日本でのローン契約においては働いている証明になりません。

 

日本在住で働いている事の証明に加え、ローン審査で少しでも外国人の方が不利にならないポイントとしては、配偶者や家族が日本国内に同じく在住している事が挙げられます。

 

カードローンは、原則、保証人や担保が不要ですが、万が一借主が返済不能になった時に、配偶者や家族が日本に居ることで金融機関は貸し倒れのリスクを軽減できるのです。

 

逆に、外国の方で一人で日本に在住している場合は、審査でやや不利になる可能性が高いです。

 

外国の方への貸付を可能としているカードローン

 

モビット以外の金融機関で外国の方の借り入れも可能としているところがあります。

 

外国の方でも契約可能な消費者金融

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム

 

の三社が契約可能となっており、プロミスとアイフルに関しては外国人登録証明書、特別永住者証明書の提出でも可能で、アコムだけは永住許可が必要となります。

 

外国の方でも契約可能な銀行

  • 新生銀行カードローン レイク
  • みずほ銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行 バンクイック

 

などで契約が可能ですが、銀行の場合はどこでカードローンを組むにしても永住許可が必須となってきます。

 

以上のように、モビットで外国の方が借り入れが出来るかはハッキリしませんが、他の貸し付け条件に明記がある金融機関では借り入れが可能です。

 

もし、モビットに申込みが出来たとして、カードローンに詳細の記述がないので外国の方がモビットのローン審査に通るのは難しい可能性が高いです。

 

借りられたらラッキー!ぐらいの心持で外国の方はモビットへの申し込みを検討していただけると良いかと思います。

 

外国の方のカードローン契約に必要な在留カードと特別永住者証明書とは?

 

小学生

 

以上で外国の方のカードローン契約について必須だと述べてきた在留カードと特別永住者証明書について、簡単にここで説明します。

 

詳しくは、入国管理局公式HPで確認していただくとより正確に分かるかと思います。

 

現在の在留カードと特別永住者証明書は、2012年7月9日より在留管理制度の変更に伴って、それ以前まで交付されていた外国人登録証明書が廃止された後の、日本での外国の方の身分証です。

 

外国人登録証明書だけを持っていた方は、在留カードか特別永住者証明書それぞれに切り替える必要がありますが、いずれかの証明書が発行されるまでは持っている外国人登録証明書での身分確認などが可能です。

 

特別永住者証明書

 

特別永住者証明書は、戦前・戦時中において日本国籍を持っていたにも関わらず、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約により、本人の選択の余地もなく日本国籍を失った方やその子孫の方が基本的は持っている証明書です。

 

日本国籍を失ったというと語弊があるかもしれませんが、要約すると戦時日本領であった国々(主に朝鮮や韓国)の方が強制的に母国籍に戻された又は無国籍になってしまった歴史背景があるのです。

 

それに対しての便宜として、1945年9月2日以前から日本に在住・長期滞在していた方に対しては、特別に日本国籍が認められ発行されているのが特別永住証明書です。

 

日常を送る分には、ほとんど永住者と変わらず支障がありませんが、完全な日本国籍ではないので日本国籍を得るには帰化する必要があります。

 

有効期限は16歳以上の場合は、7回目の誕生日までとなっています。(*16歳未満は16歳の誕生日まで)
再入国許可の有効期限の上限は、現在6年です。

 

在留カード

 

名前など基本的な個人情報に加え、在留資格や在留期間が記載された顔写真が貼付のカードです。見た目には特別永住者証明書とさほど違いがありません。

 

日本に中期滞在(3カ月以上の滞在)する外国の方に交付される証明書で、在留資格が必要です。

 

在留資格とは、具体的に例えば日本人の配偶者である、技術・学問などの国際業務に携わる、技能実習生や留学生であることなどが挙げられます。

 

カードに記載されている情報が変更となった場合は、変更の届け出が義務付けられています。

 

カードローン契約時に、申し込み情報と在留カードの情報に違いがある場合は審査に時間がかかったりもするので、身分証の更新は怠らないようにしましょう。

 

現在の在留期間の上限は最長5年となっています。

 

カードローンを契約する側としては、お金を借りることの方が返済よりも意識することでしょう。

 

しかし、借り入れには返済がつきものですから、借金を踏み倒されるのは、貸付側としては非常に困るわけです。

 

特に外国の方の場合、返済をせずに母国に逃げ帰られてしまったりなど国外に出られてしまっては、貸した金額とそれにかかる利息の回収のしようがない為、日本に居る期間を証明するためにも以上の書類が必要となってくるのです。