クレジットキャッシングよりモビットで借り入れが得?

くれか

 

クレジットカードでキャッシングやショッピングリボ払いを多用するぐらいなら、カードローン契約をした方が、返済が楽なことがあります。

 

何となく消費者金融で借り入れというと、THE借金という感じがしてクレジットカードのキャッシング枠を利用しているという人は少なくないと思います。

 

しかし、そんな方にこそモビットなどの借り入れ・返済の利便性が高いカードローンでの契約をおすすめします。

 

時に、クレジットカードのキャッシング枠利用も立派な借り入れです。

 

消費者金融のカードローンを組んでいるのと、信用情報の上でもローン利用実績においても何ら違いはありません。

 

それどころか、クレジットカードキャッシングの方がモビットの金利よりも高い場合があるので、利息支払いで損をしている可能性があります。

 

クレジットカードのキャッシング金利は18〜20%(上限金利の平均)とされています。

 

これに加えて、ショッピングの3回以上での分割払いやリボ払いをしているとそれにも手数料がかかってくるので、カードローンで現金を借りて返すよりも返済にかかる利息額が大きくなることが分かると思います。

 

加えて、クレジットカードの返済の場合、カード会社指定の返済約定日に口座引き落としでしか対応しておらず、金利が高い事が分かっているのに臨時返済がATMなどから出来ないという事が少なくないです。

 

金利というのは、返済期間が長いほど利息額が大きくなるので、消費者金融で借りる場合にはなるべく完済まで早くこぎつけることがミソとなってきます。

 

しかし、クレジットカードの場合は消費者金融と金利が変わらないのに、返済の自由が利きにくいのです。

 

また、その都度の最低返済額が1万円からという場合もクレジットカードキャッシングには多いですが、モビットのカードローンなら残高10万円以下であれば月々4,000円からの返済で済みます。

 

そのような点を考慮すると、約定返済日が自分で選択可能で、余裕のある時には口座振替もしくはATMでの臨時返済で、利息分を抑えて返済をできるモビットのカードローンを利用した方が便利にお得に借り入れ・返済が出来ます。

 

ちなみに、モビットカードローンは借り換えやおまとめ目的の利用も可能となっているので、クレジットカードのキャッシング分(利息も含めた)をモビットに借り換えてしまう事が出来ます。

 

クレジットカードは最短即日借り入れ不可?

 

ちなみに、クレジットカードとカードローンどちらを契約しようか迷っている場合、借り入れを当日中にするなら断然カードローンです。

 

というのは、仮カードなどを最短即日発行できるクレジットカードはありますが、申し込み当日中にキャッシング可能なカードはほとんどないからです。

 

クレジットカード自体の受け取りやショッピング枠のみの利用であれば、当日中でも可能な場合がありますが、キャッシングでの現金借り入れは即日対応していないことが多いです。

 

その点、モビットカードローンであれば、申し込み当日の最短即日融資も可能です。
(申し込みの時間帯や曜日によっては翌日以降の取り扱いになる場合があります。)

 

クレジットカードのリボ払いとカードローン返済の違いは?

 

レシートの山

 

リボ払いとは、リボルビング方式での支払いなので元をただせば、分割払いであることはクレジットキャッシングもカードローン返済も同じです。

 

では、何が違うかといえば、同じリボルビング方式でも、クレジットカードの方は、利用者が毎度払う金額を割と自由に決められることといえます。

 

そのうえ、クレジットカードでは一括で支払ったものを「後リボ」などというように、支払い後にリボ払いにしてしまえるため、いついくら利用したかが分かりづらくなります。

 

いくら利用したか分かりづらく、残高が増えても毎度支払う額が一定額のままなので、リボ払いを続けた結果、残高がとんでもない額になってしまう人が多いです。

 

例えば、毎月のリボ払い額を1万円で設定していたとして、毎月3万円も5万円も利用していれば、残高に対して支払額が少な過ぎるといえます。

 

そうして、残高は積み重なっていき、気づいたときには残高にかかるリボ払い手数料も相まって、完済までに時間がかかる羽目になります。

 

返済回数が多いほど手数料はかかりますから、完済をするには今まで払って来なかった分、繰り上げ支払いをする必要があります。

 

カードローンの場合は、リボルビング方式でも残高の増減に合わせて約定返済額が変わる、残高スライドリボルビング方式であることが多いです。

 

その為、借入額が増えれば、約定返済額もそれに伴って増えます。

 

加えて、カードローンでは大体そこの金融機関も、20〜30万円以上の借り入れ残高となると約定返済額は1万円以上に設定されています。

 

約定返済額以下の返済は、原則、認められませんから、クレジットカードリボ払いのように30万円の利用残高があるのに、支払額は毎月5千円などという甘い返済額には成り得ません。

 

ちなみに、モビットカードローンでは借入残高が20〜40万円以下の約定返済額は11,000円となっています。

 

もし、現在クレジットキャッシングで残高が30万円以上もあるのに、毎月のリボ払いが1万円以下の場合は、確実に完済時にモビットカードローンで返済した時より利息で損をします。

 

今の利用状況ではマズいな…。と思ったら、毎度のリボ払い額を最低でも1万円以上にするか、カードローンに借り換えてしまうのが良いでしょう。

 

フレックス払いもリボ払いと厄介さは変わらない!?

 

ちなみに、最近のクレジットカードでは、自分で毎月の約定返済額(最低返済額)を設定できるフレックス払いが可能です。

 

このフレックス払いは、自身の懐都合に合わせて返済・支払いができるというものです。

 

その為、リボ払いしかできないクレジットカードとくらべると、フレックス払いが可能なカードは、随時返済などがし易くなっています。

 

というのは、リボ払いが基本銀行口座引き落とししか対応していないところ、フレックス払いが可能なカードはATMからなども返済が可能だからです。

 

ところが、返済金額を自分で設定できるので、例えば10万円使ってもその月の約定返済額を1万円とすることが出来、残り分は結局リボ払いになります。

 

なので、リボ払い同様返済期間が間延びしがちで、利息が嵩む原因となります。

 

やはり、借入金の約定返済額はある程度カードローンのように、最低限の額が決められている方が安心できるといえるでしょう。

 

クレジットカードよりカードローンのWEB完結が簡単?

 

昨今はクレジットカードでもWEB完結が出来るものがありますが、カードローンほど申し込みから発行までの流れが簡潔ではないようです。

 

クレジットカードの引き落とし用口座の登録をネット上ですることが、クレジットカードWEB完結契約にあたるのですが、後日結局郵送書類などが発生しがちです。

 

例えば、カードローンであれば、ローンカードを持たなくてもいいように出来たり、必要書類も自動契約機から発行することで郵送物を省けたりします。

 

しかし、クレジットカード契約の場合は、なかなかそのようにはいきません。

 

ちなみに、モビットカードローンWEB完結は、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行口座、社会保険証、給与明細書(直近1ヵ月分)を用意することで、郵送物も電話確認もなしに出来ます。