SMBCモビットの審査はブラックでも通るのか?

 

モビットは大手消費者金融で、知名度が高く利用者も多いです。

 

TVCMなどでもよく見かけるので、何となく身近で借りやすい気がすると思います。

 

また、消費者金融はしばしば銀行に比べて審査通過がし易いといわれているため、ブラックでも借りられるかもしれない…と思う方もいるでしょう。

 

SMBCモビット審査の最低条件は?

 

モビットだけでなく、基本的に金融機関の審査基準は公表されていません。

 

その為、どういう場合でも「必ず審査に通過できる」又は「必ず審査に落ちる」と断言することは出来ないといえます。

 

ただ、モビットの審査に通過する最低限の条件は、申し込み条件から読み取ることが可能です。

 

モビットの申し込み対象は、「20歳以上69歳以下で安定収入がある人」となっています。

 

勿論、申し込み対象から外れる年齢の方や無職の方は、審査に通過することはありません。

 

しかし、モビットの申し込み条件を満たしているなら、とりあえずは審査通過の可能性があるといえるでしょう。

 

また、アルバイト・パートや派遣社員、自営業者の申し込みも可能とモビットはしています。

 

審査が厳しい銀行のローンなどはアルバイト・パートなどの非正規雇用の方は申し込み対象からさえ外れます。

 

その様な事も踏まえると、モビットの審査がものすごく厳しいというわけではないでしょう。

 

他社借り入れには注意!

 

モビットの申し込み条件の他に、審査通過の最低条件として、総量規制の範囲での借り入れが挙げれます。

 

モビットは貸金業者なので、総量規制の対象です。

 

その為、他社借り入れも含めて、年収の3分の1以上の借り入れは出来ません。

 

他社借り入れの履歴は、件数も残高も借り入れ・返済状況も、信用情報に記録されています。

 

モビットに限らず、金融機関が信用情報を照会する事で審査は行われるので、他社借り入れで嘘を付いても意味がありません。

 

加えて、他社で返済遅延や延滞、金融事故などを起こしている場合もモビットの審査で確認されます。

 

ブラックはモビットの審査にやっぱり落ちる?

 

債務整理や自己破産などの金融事故を起こして、信用情報に異動情報が記録されている状態をブラックといいます。

 

先述した、他社での返済遅れや延滞が審査で不利になるように、やはりブラックも審査で不利です。

 

その為、大体の場合はモビット含む大手消費者金融の審査通過は厳しいといえるでしょう。

 

カードローンは、担保・保証人不要の信用貸しなので、信用が置けない顧客には金融機関は貸し渋ります。

 

信用が低い事は、貸し倒れリスクが高い事につながるので、ブラックの方はモビットの審査に落ちてしまう可能性がかなり高いです。

 

融資しても返済してもらえる見込みがないというのは、金融機関からすると不利益以外の何物でもありません。

 

その為、信用情報の状態がブラックな方がモビットの審査に通過出来ないのは、正直にいうと当然といえるでしょう。

 

異動情報は5〜10年は信用情報から消えないので、その間ずっと信用ブラックの状態は続き、基本的には信用取引全般がほぼ不可能です。

 

モビットの口コミなどでは、「ブラック状態でも借りることが出来た!」というものもありますが、所詮口コミなので釣りやサクラではないといいきれません。

 

しかし、ブラックの方に融資をしてはいけないという法律はないので、モビットが信用情報以外で返済能力を見いだせる場合は、ひょっとしたら審査に通る場合もあるのかもしれません。

 

ブラックが5〜10年ほど過去なら審査通過可能?

 

時に、異動情報が5〜10年たった後でもブラックとしてモビットの審査では扱われるのか?といえば、そうではありません。

 

信用情報から異動情報が消えた後は、5〜10年という長期間信用取引全般をしていない事になるので、信用情報には何の履歴もない状態になっています。

 

「ブラックの喪明け」という言葉があるように、異動情報さえ消えてしまえば、モビットの審査に通過できる可能性はゼロではありません。

 

その為、ブラックになってしまっていても、二度と借り入れなどが出来ないわけではないです。

 

ただ、ブラックの方がモビットの審査に本気で通過しようと思うなら、信用情報から異動情報が消えてから申込むのが良いでしょう。

 

ところが、金融事故を起こした先がモビットで、ブラックの喪明けに申込むのは無謀です。

 

信用情報の上では異動情報などが消えても、金融機関にブラック情報がある状態を自社ブラックといい、その場合は半永久的にモビットで借りることが出来ません。

 

自社ブラックになってしまう場合として以下が挙げられます。

 

自社ブラックになる原因
  • 返済遅延を繰り返す(年内2回以上)
  • 3カ月以上の延滞
  • 嘘の申し込み
  • 契約違反
  • 過払い請求

 

モビットで以前に借りて、上記のような問題を起こしている場合は、信用情報だけでなくモビット自体にブラックの情報が残っています。

 

自社ブラックは、記録が消えるまでの基準が各金融機関の基準によるので、全くいつブラックではなくなるのか分かりません。

 

時に、モビットへ過払い請求をした場合も自社ブラックになっている可能性があります。

 

というのは、過払い請求は一度は納得して収めた利息を、モビットに過払い金として請求するので、モビット側からすると不利益だからです。

 

プロミスでのブラックもモビットの審査に関係する!?

 

時に、モビットとプロミスは金融機関としては別会社ですが、同じグループに属しています。

 

その為、顧客のブラック情報といった重要な情報は、定期的に共有されている可能性がゼロではありません。

 

同じグループなので、なるべく貸金業でマイナスを出さないようにするなら、貸し倒れリスクが高い顧客の情報は共有しておくに越したことはないでしょう。

 

ただ、どの程度までモビットの審査にプロミスでの情報が影響するかは明確ではありません。

 

したがって、プロミスの審査に落ちているからといって、モビットでも必ず審査に落ちる!というような事は断言できないといえるでしょう。