みずほ銀行カードローンで借りるメリットは?

みずほ銀行

 

みずほ銀行は大手銀行ですから、カードローン契約先として安心感が持てます。

 

安心感もさることながら、みずほ銀行カードローンは限度額も金利も設定が他のカードローンと比較すると、好条件といえるでしょう。

 

というのは、最高限度額800万円は最高限度額の設定として高額の部類ですし、基準金利年2.0〜14.0%は低金利の部類だからです。

 

そんなみずほ銀行カードローンの貸付条件は以下の通りとなっています。

 

限度額

最高800万円

金利

年2.0〜14.0%

住宅ローン併用で適用金利から0.5%引き下げ

申し込み条件

  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証(株式会社オリエントコーポレーション)を受けられる方

必要な物

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証

などの中から1つ

収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)

などの中から1つ
個人事業主、会社経営者の方は住民税決定通知書または課税証明書・納税証明書のいずれかに限る

  • 印鑑

 

みずほ銀行カードローンは来店不要でWeb完結申し込みも可能です。

 

返済に関しては、毎月の約定返済は自動口座引き落とし(口座振替)に限られ、任意返済(随時返済や繰り上げ返済)はみずほ銀行ATMもしくは提携ATMからする事になります。

 

約定返済での口座引き落とし返済は、毎月10日に返済用普通預金口座から自動でされます。

 

時に、任意返済を積極的にしていく事で早期完済出来る可能性が高くなりますが、みずほ銀行は提携ATM手数料がかかりやすいので、なるべくみずほ銀行ATMを無料で利用するのがオススメです。

 

みずほ銀行カードローン一番のメリットは低金利な事!

 

特に、みずほ銀行カードローンの金利の低さはメリットといえます。

 

基準金利のままでも他のカードローンより低金利ですが、みずほ銀行で住宅ローンも組んでいる場合は適用された金利から0.5%の引き下げがあり、さらに低金利になります。

 

時に、みずほ銀行カードローンは2017年7月くらいまでは、「コンフォートプラン」と「エグゼクティブプラン」という2つのプランごとに金利設定を分けていましたが、現在は両プランとも廃止され統一金利となっています。

 

金利設定統一後、限度額毎に以下のように金利は設定されています。

 

利用限度額

基準金利

金利引き下げ適用後

10万円以上100万円未満

年14.0%

年13.5%

100万円以上200万円未満

年12.0%

年11.5%

200万円以上300万円未満

年9.0%

年8.5%

300万円以上400万円未満

年7.0%

年6.5%

400万円以上500万円未満

年6.0%

年5.5%

500万円以上600万円未満

年5.0%

 

年4.5%

600万円以上800万円未満

年4.5%

 

年4.0%

800万円

年2.0%

 

年1.5%

 

住宅ローンの金利引き下げの0.5%はなかなか大きく、最高金利年13.5%で100万円未満を借りられるカードローンはそうそうありません。

 

また、みずほ銀行カードローンの金利の範囲が如何に低金利か比較するために、他の銀行カードローンと消費者金融の金利をまとめました。

 

みずほ銀行カードローン以外の金利
  • 三井住友銀行カードローン=年4.0%〜14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック=年1.8%〜14.6%
  • オリックス銀行カードローン=年1.7%〜17.8%
  • プロミス=年4.5%〜17.8%
  • アコム=年3.0〜18.0%
  • SMBCモビット=年3.0〜18.0%
  • アイフル=年4.5〜18.0%

 

消費者金融よりは勿論、他の銀行カードローンよりもみずほ銀行カードローンは最高金利が低金利です。

 

最低金利がみずほ銀行カードローンより低いカードローンはありますが、最低金利は最高限度額で審査通過した時しか適用されません。

 

その為、低金利かどうか判断するのには、最高金利をなるべく見て比較するのが良いです。

 

その様に金利が低いのがみずほ銀行カードローンの一番のメリットといえるでしょう。

 

キャッシュカード型とカードローン専用型どちらで契約するか選べる?

 

みずほ銀行カードローンでは、ローン機能をキャッシュカードに付帯するか、専用のローンカードを発行するか選ぶ事が出来ます。

 

既にみずほ銀行の口座が開設済みでキャッシュカードが手元にある場合は、キャッシュカード型でカードローン契約をした方が早く借り入れが可能です。

 

みずほ銀行は自動契約機を設置していないので、ローンカードの発行方法が郵送のみとなっています。

 

専用ローンカードが郵送されるまでには、1〜2週間ほどかかってしまうのでその間借り入れが出来ません。

 

その為、口座開設が済んでいるなら、キャッシュカード型を選んだ方が良いでしょう。

 

また、キャッシュカード型で契約すると、自動貸越機能と自動振替サービスが別途申し込みなしで利用できるメリットもあります。

 

自動貸越機能とは、キャッシュカードで普通預金口座から現金の引き出しをする時に、引き出す額より残高が少ない場合に限度額の範囲で不足額をカードローン口座より貸越する事で、引き出し可能にしてくれる機能です。

 

自動振替サービスは、ローンカードでカードローン口座へ入金した際、残高がプラスになると自動的にみずほ銀行の返済専用預金口座にプラス額分を入金してくれるサービスです。

 

自動振替サービスでは、返済により残高がプラスになった分について、みずほ銀行の普通預金口座に貯金されるという仕組みとなっています。

 

自動貸越や自動振替サービスは、みずほ銀行カードローンが銀行カードローンだからこそ受けられるメリットといえるでしょう。

 

消費者金融には自動貸越や自動振替サービスといった、口座を活用したサービスはありません。

 

みずほ銀行カードローンにデメリットはある?

 

みずほ銀行カードローンのメリットは以上の通りです。

 

良いところだけを知っていて、悪いところを知らずにカードローン契約をするのは危ういので、みずほ銀行カードローンのデメリットも説明します。

 

みずほ銀行カードローンで気を付けたい主なデメリットは以下の通りです。

 

みずほ銀行カードローンのデメリット
  • みずほ銀行口座開設が必須
  • 自宅郵送物が省けない
  • 毎月の返済額が高め
  • キャッシュカード兼用型は利用できるATMが少ない

 

みずほ銀行の口座を既に利用して要るなら、キャッシュカード型で契約する事でそこまで融資を受けるのに時間がかかりません。

 

しかし、口座開設が済んでいない場合は、開設の手続きも同時にする事になり手間も時間もかかります。

 

郵送物に関しては、基本的に銀行カードローンは大体契約書類など何かしら自宅へ郵送されてくることが多いです。

 

その為、みずほ銀行カードローンだけのデメリットという事はありませんが、家族にバレたくない方などは郵送物なしが良いと思う事でしょう。

 

ただ、みずほ銀行の場合は、本人限定受取郵便で郵送してくれるので、自分以外が中をみてしまう可能性は非常に低いといえます。

 

また、銀行からの郵送物なので、もし受け取っているところを見られても、消費者金融の郵送物ほど怪しまれることはないでしょう。

 

毎月の返済額は他の銀行カードローンと比較すると、無視できないくらいには高めの設定なので少々ネックです。

 

1万円以上50万円以下の少額借り入れでも最低返済額が1万円なので、契約時本当に懐状態が厳しい方の場合、直近の返済がきつく感じるといえます。

 

確かに毎月の返済額が高めの方が、利息も嵩みにくく完済までの返済期間も短くて済みますが、返済額が高くて払えず遅延…では本末転倒です。

 

加えて、キャッシュカード兼用型の場合のみですが、提携金融機関ATMとゆちょ銀行ATMが使えません。

 

みずほ銀行カードローンの返済は、原則、口座引き落としではありますが、利用できるATMが少ないと繰り上げ返済などがし辛いといえます。

 

みずほ銀行カードローンは、金利が低いという魅力的で分かりやすいメリットがあるものの、納得していないと後々困るようなデメリットもあるので、その点は注意が必要です。