SMBCモビットに裁判を起こされた!?和解は出来る?債務整理はいつする?

 

支払い督促を無視して訴状が届くと、すぐに給与などの差し押さえがされてしまうのか心配だと思います。

 

最悪どのタイミングまでにモビットの借金を債務整理した方が良いのか?和解までの流れなども説明していきます。

 

SMBCモビットで借金を延滞すると本当に訴えられて裁判になる?

 

実は、返済していない金額がそこまで高額でない場合は、金融機関もそこまでこだわる事はなく、実際に訴訟まで起こされることは少ないです。

 

それはモビットが、というよりも消費者金融全般にいえるでしょう。

 

というのも、債務者の中には督促状や訴状が届かず在所が分からない場合も珍しくないので、様々な債権回収の労力と回収できる金額を天秤にかけて、訴訟を起こすかどうかを金融機関側も考えるからです。

 

その為、3カ月以上の延滞になるとすぐ訴状を起こす場合もあれば、数年は訴えられる事がない場合もあります。

 

しかし、裁判にはならなくても、自宅などに督促状などが定期的に送られている場合は、時効援用をさせないように金融機関がしているので、いつ訴状が届いてもおかしくはないといえるでしょう。

 

ただ、口コミなどをみると、モビットは債権回収から訴訟・差し押さえまでを早く行う傾向にあるようです。

 

早い段階でSMBCモビットの債務整理を弁護士に相談した方が良い?

 

もし、モビットからすでに訴状が送られてきてしまっている…という場合でも、裁判で判決が出ない限りは債務名義が取られません。

 

債務名義をモビットに取得されてしまうと、給与の差し押さえに事が及んでしまいます。

 

モビットは、返済遅れが2〜3カ月以上になると訴訟を起こす。という口コミは多いです。

 

モビットでの延滞が2カ月以上続いていたのですが、まさか本当にサラ金で訴状までくるとは思っていませんでした。
せいぜい督促状や電話での催促止まりだろう。とタカをくくっていたので今になって焦っています。

 

その為、出来ればモビットへの返済が2〜3カ月に及んでいる場合は、その時点で債務整理を弁護士など専門家の方に相談・依頼した方が良いでしょう。

 

債務整理が後手に回ってしまうと、和解の際に免除される利息額が少なくなったり、専門家の手続が完了する前に差し押さえの判決が出てしまう可能性がゼロではありません。

 

口頭弁論期日呼び出し状及び答弁書催告状が届くと、既にモビットから訴えを起こされており、呼び出し状とあるように裁判所に出向く必要があります。

 

もし、裁判所に実際に行けない時は、代理人を立て答弁書作成をするか、裁判に出廷してもらいましょう。

 

債務整理すると借金はどうなる?分割払い?自己破産?

 

債務整理で任意整理や個人再生をする場合は、モビットと弁護士などを交えて利息をどのくらい免除して、その後改めて毎月何円で分割払いしていくか決めます。

 

もし、どうやっても完済できる見込みがない場合や契約先がモビット以外にもあり、借金を一掃したい場合は、破産手続きを取ることになるでしょう。

 

任意整理と自己破産どちらの手続を取るのが良いかというのは、手続きを依頼する際に弁護士などの専門家の方に相談可能です。

 

任意整理などで免除される利息は、債務整理手続きに入るまでの経過利息と手続き後の分割払いの際にかかるはずの将来利息の2種類があります。

 

モビットの場合は、和解のタイミングをモビット側に合わせる事で、経過利息も将来利息も免除される可能性があるようです。

 

モビットから和解の申し出があったにも関わらず、何の手続きもしないと訴訟に発展し、その後で債務整理の手続きをすると経過利息の免除がされない事があります。

 

自己破産する場合は、必要な書類を専門家と一緒に集め、債権者集会が行われた後の免責審尋で借金への面積が下りるかどうかが決まります。

 

ちなみに、任意整理でも自己破産でも、債務整理をすると信用情報に異動情報が記載され、最高5〜10年の間は信用取引がほぼ出来ません。

 

SMBCモビットの任意整理の対応は?

 

モビットで任意整理する場合、その後の分割払いでの返済回数は最長60回(5年)ほどといわれています。

 

ところが、モビットでの契約期間が5年以下のように短い場合は、もっと少ない返済回数が提示されるので、毎月の返済額は高くなるでしょう。

 

また、返済不能になって残った残高が少額である場合も、返済回数は少なくなります。

 

モビットでの任意整理後の分割返済は5,000円が和解時の最低返済額であることが多いようです。

 

ところが、基本的に、毎月の分割金で支払う金額が5,000円というのは、借りている金額にもよりますが少ないといえます。

 

例えば、50万円以上も残高がある状態で滞納していたものを、債務整理をし分割返済し直していくとすると、完済するまでにかなり時間がかかるでしょう。

 

利息が全額免除された後の残高が50万円だとして、毎月5,000円で払っていくとすると約8年かかりますから、モビットの最長返済回数を超えてしまいます。

 

勿論、あまりにも債務整理後の分割金が少な過ぎると、モビット側は納得しませんから和解が進みません。

 

また、どうしても分割金を少額で通す事を考えるなら、頭金を5〜10万円程の範囲で先に払っておく必要があるようです。

 

弁護士などの専門家に払えるお金がない場合は?

 

専門家に頼むといっても依頼料が用意できない!という方も少なくないと思いますが、そういった場合は法テラスの利用がおすすめです。

 

法テラスを経由して弁護士の方に依頼する場合、法テラスが一括で代金を肩代わりしてくれるので、相談者はその後分割で依頼料を払う事が出来ます。

 

また、法テラスでは3回までは無料相談が可能です。

 

答弁書を事前に送って自分で裁判に出廷し、債権者であるモビットと今後の借金の返済について和解をする事も一応は可能です。

 

しかし、基本的には専門家を間に挟まないと金融機関は和解してくれない事が多いといえます。

 

加えて、専門家なら何でも良い!というわけではありません。

 

というのは、弁護士や司法書士など専門家の中でもそれぞれ得意な分野が違うので、なるべく債務整理に強みのある専門家に依頼するのが良いです。

 

基本的に、借金の債務整理は司法書士よりも弁護士の方が得意であることが多いといえます。

 

中には公式HPを運営していて、請け負ってきた裁判事例とその実績を公表している弁護士事務所などもあるので、一度見てみると良いでしょう。