フリーローン=カードローンじゃない!?

はてな

 

フリーローンは多目的ローンともいわれ、資金用途自由のローンを指します。

 

その逆で、融資されたお金の資金用途が限定されている物は目的別ローンと言われ、マイカーローンや住宅ローンがそれにあたります。

 

カードローンもその点でいえば、多目的ローンなのでフリーローンといえますが実際のローンプランとして確立しているフリーローンとカードローンは同一の物ではありません。

 

よって、モビットカードローンも多目的に使えるローンですが、フリーローンというローンプランではなく、あくまでカードローンです。

 

ただし、一般的には無担保・無保証という点も踏まえて自由度の高いローンという意味合いで、カードローンもフリーローンとして説明されることもあります。

 

その為、フリーローンという種類にもカードローンは分類されるというような認識もあると混乱しなくて良いかと思います。

 

フリーローンとカードローンはローンプラン(性質)としては別物なので、フリーローンとカードローンの両方を扱っている金融機関は別々の商品として分けています。

 

特に、フリーローンは銀行でカードローンとは別にローン商品として取り扱われており、カードローンと区別して説明される際、銀行の個人向けローンをフリーローンとして説明されることが多いです。

 

そういう点でも、モビットが取り扱っているのはモビットカードローンのみですし、どこにもローンプランとしてのフリーローンとは記されていないので、モビットで契約できるローンはカードローンだけです。

 

モビットカードローンとフリーローンの共通点は、資金用途が原則自由であるという点だけです。
その他、借入・返済の仕方や貸付条件などには無視できない差があるといえます。

 

モビットカードローンとフリーローンの違いは?どっちがオススメなのか

 

迷う

 

カードローンとフリーローンの違いは借り入れの仕方にあります。

 

カードローンの場合は、ローン契約時に設定された限度枠内であれば何度でも自分の好きなタイミングで借り入れが可能です。

 

しかし、フリーローンの場合は一度契約時に借りたら基本的に後は返済のみです。

 

中には融資をし申し込みすることで追加で借り入れが出来るフリーローンもありますが、それには再審査が必要になり自由度がカードローンに比べると格段に劣ります。

 

加えて、モビットカードローンが最短即日融資も可能としているところ、フリーローンはそういうわけにはいきません。一番早くても2,3日、遅いと1週間以上かかることもあります。

 

なぜそんなに不便なのにフリーローンはあるの?

 

カードローンのイメージでフリーローンも検討していた方はそう思う事でしょう。

 

フリーローンのメリットは、金利がカードローンと比べて低い事です。一般的に利率10%以下で借りられます。

 

以下はメガバンクのフリローン金利です。

 

銀行フリーローン名

金利

三井住友銀行

フリローン

有担保・無担保両方とも変動金利

有担保型

年2.775%(保証料外枠方式)

年2.975%(保証料内枠方式)

無担保型

年5.975%

三菱東京UFJ銀行

ネットDE多目的ローン

変動金利 年5.475%(保証料込)

みずほ銀行

多目的ローン

変動金利 年5.875%

固定金利 年6.550%

 

また、追加での借り入れが出来ないので、返済額及び残高が増えません。

 

その為、大きな買い物や突然の高額出費などで一回きり高額を借りたい人に向いているのです。

 

あとは、金融機関にもよりますが、事業性資金にも使えるフリーローンもあるので、カードローンとは別に事業用としてフリーローンを利用する場合もあります。

 

ただし、上記のメガバンクのフリローンは事業性資金での借り入れを認めていません。

 

フリ―ローンを事業性資金として借り入れできるのは主に、地方銀行となってきます。

 

双方にメリットはあるので、一概にどちらの方がおすすめ!とは言い切れませんが、借り入れを定期的に自由にしたい、融資を早く受けたいという方はモビットカードローンの方が便利に利用できます。

 

別に普段からローン利用したいわけではなく、多少時間がかかっても金利を抑えて高額が借りたいという方は、返済がメインになるフリーローンでの契約が良いと思います。

 

時に、事業性資金にも使いたいが他の目的でも利用したい、その為自分のタイミングで追加で借りられるビジネスカードローンを探している。という方には、モビットカードローンがおすすめ出来ます。

 

大抵のカードローンは事業性資金での利用を禁止しているのですが、モビットカードローンは事業用での借り入れも可能としています。

 

「ローンを複数も契約したくない、一つの借入先で事業性資金もその他の費用も借り入れしたい!」という方には、フリーローンや他のカードローンより、モビットカードローンがおすすめです。

 

フリーローンは資金用途が明確な方が良い?

 

フリーローンは資金用途が原則自由だという意味で「フリー」といわれますが、実際申し込みの際には資金用途は生活費など、ざっくりしたものではない方が良いです。

 

というのは、先述したようにフリーローンは一度きりの借り入れであるため、借り入れ側の返済能力によってはカードローンよりも高額の借り入れが可能です。

 

加えて、カードローンより低金利ですから、ローン審査はさらに厳正といえるでしょう。

 

その為、資金用途自由とはいうものの、高額借り入れ希望の場合は金額に見合う、貸し付け側が納得する借り入れ理由があった方が良いといえます。

 

銀行フリーローンは基本的に、保証付きでの融資もしくは有担保型での契約となることが多いです。
というのは、無担保で保証会社も通さないフリローンは、プロパー融資といわれ審査通過が相当厳しいからです。
その点を考慮すると、銀行や大手消費者金融のカードローン審査に通らない方は、銀行フリローンで借り入れをするのは無理である可能性が高いといえます。

 

フリーローンは総量規制対象外?

 

ちなみに、フリーローンに関しては、銀行で取り扱われていることが多いので、総量規制対象外で借り入れできる可能性が高いです。

 

ただし、例えローンプラン名がフリーローンや多目的ローンであったとしても、消費者金融などの貸金業者で扱われているものは、モビットカードローン同様に総量規制の対象です。

 

基本的に、消費者金融ではカードローンとフリーローンが勘違いされないように、資金用途別に目的ローン、おまとめローンなどとプラン名をわけて扱っていることが多いですが、もし消費者金融でフリーローンという商品名で取り扱われていても総量規制対象外にはなりません。

 

原則、貸金業者からの個人融資は総量規制の対象となります。

 

銀行フリーローンの場合は、総量規制除外貸付ですから、年収の3分の1制限や収入証明書の規定は、総量規制の範囲ではありません。

 

フリーローンはカードローンのおまとめに使える?

 

グッド

 

カードローンには借り換えやおまとめといった利用方法がありますが、複数社で借りているカードローンをフリーローンを使ってまとめることが出来ます。

 

フリーローンは原則、資金用途は自由ですから、おまとめローンにも利用可能です。

 

ただし、三菱東京UFJ銀行ネットDE多目的ローンのようにおまとめ資金として利用できないものもあるので、資金用途の確認はちゃんと行うようにしましょう。

 

カードローン契約の一本化、所謂おまとめローンは、契約先を一つにすることで各社に払っていた利息を統一して支払う事で、返済総額を抑えることが出来ます。

 

また、おまとめ前のカードローン契約先での金利よりも低金利で済む、カードローンやフリーローンに借り換え、おまとめすることで、返済負担を軽減することがメリットです。

 

先述もしたように、フリーローンは一度契約時に借入れた後は返済しかできません。

 

その為、カードローンをなるべく利息を抑えて完済してしまいたい場合は、自由に追加借り入れが出来ない低金利のフリーローンでおまとめ契約をするのがおすすめ出来ます。

 

時に、モビットカードローンもおまとめとして利用可能ですが、銀行のフリーローンの方が金利は圧倒的に低金利となっています。

 

上記の大手銀行フリーローンの金利はとても低金利です。
ところが、借り換え・おまとめ目的でも利用可能な銀行フリーローンの金利は、カードローンより少し低め程度の金利設定であることが多いです。
というのも、カードローンは基本的に個人向けの少額貸付がメインのローンプランである為、本来のフリーローンよりも借り換え・おまとめ目的であっても借入額が少なめです。
その為、貸付側としては少額の借り入れの場合完済までの期間が短いので、その間に沢山利息を取っておきたい事でしょう。
カードローン残高の借り換え・おまとめ利用でのフリーローン金利は、10%をきることはまずないと思っておくのが無難です。

 

フリローンの繰り上げ返済には5千円も手数料がかかる!?

 

フリローンではおまとめも出来るのですが、おまとめローン後の返済で重要な繰り上げ返済が、フリローンの場合し辛い事があります。

 

例えば、三井住友銀行フリーローンでは、繰り上げ返済をするには5,400円(税込)手数料を支払う必要があります。

 

三菱東京UFJ銀行ネットDE多目的ローンはネットからの繰り上げ返済は手数料無料で可能ですが、窓口からだと三井住友銀行と同じく5,400円(税込)手数料がかかります。

 

カードローンの繰り上げ返済では、まず、手数料がかかることはありません。

 

その為、モビットカードローンも繰り上げ返済に手数料がかかることはありません。

 

繰り上げ返済は、なるべく早くローンを完済させて利息をおさえる為の重要な手段ですから、早く借りて、早く完済したい!場合はカードローンの方がおすすめといえるでしょう。

フリーキャッシングはフリーローンなのか?

 

フリーキャッシングとフリーローンも、どっちがどっちだか分かりづらいですよね。

 

しかし、実際の所フリーキャッシングというのは、カードローンを指していることが多いです。

 

もっと具体的な所をいうと、フリーキャッシングは消費者金融のプロミスが扱うカードローンの商品名です。

 

その他の場合は、限度額内であれば何度でも自由に借り入れが出来る。という意味合いでフリーキャッシングは使われます。

 

その為、追加で借り入れをする度に再審査を受けるフリーローンとフリーキャッシングは別物といえます。

 

フリーキャッシング=カードローンのように、基本的にキャッシングとカードローンは同一の意味で語句として使われてることが多いです。

 

しかし、キャッシングとカードローンも厳密には違う意味合いで使われていることがあることは知っておきましょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用して借り入れを行う事をキャッシング、ローンカードやネットバンキング機能で借り入れ・返済を行う事をカードローン、というように区別して借り入れについて説明されることもあります。

 

似たような語句で同じ意味合いをそれぞれが含んでいるので、分かりにくい!と思うかもしれませんが、自分が借りようとしている手段がどの方法(カードローン、フリーローン、キャッシング)なのかをしっかり理解しておくことは大切です。