アコムで限度額増額する方法は?審査や在籍確認のポイント!

 

アコムを利用していて限度額満額まで使ってしまう事もあると思います。

 

そういった際に限度額の増額を考えたりもする事でしょう。

 

アコムでも勿論、増額の申し込みはいつでも受け付けています。

 

ただし、申し込みをすれば誰でも増額が出来る!というわけではありません。

 

アコムの増額申し込み方法は?申請の仕方は何がある?

 

新規カードローン申し込みなどは、昨今インターネットなどでも簡単に出来るようになりました。

 

では、増額の申し込みはどんな方法で出来るかといえば、基本的には新規申し込みとそれほど変わりません。

 

アコムの増額申請の方法は以下の通りです。

 

アコムの増額申し込み方法
  • 会員ページからのネット申し込み
  • アコムの総合カードローンデスクへ電話申し込み
  • むじんくん(自動契約機)や有人店舗から申し込み

 

一番手軽なのは、やはりネットからのアコム増額申し込みといえるでしょう。

 

ただし、アコムの会員ページから増額を申し込めるのは、メニューに「極度額変更のお手続き」という項目がある方だけです。

 

また、会員ページメニューに増額の項目がない場合は、増額が出来ない可能性が高いと思った方が良いといえます。

 

というのも、アコムで増額が出来る方にしか、会員ページに増額メニューは表示されないからです。

 

例えば、アコムと契約してから6カ月もたっていない場合や返済が遅れている場合などは、増額が会員ページから申し込めない事が多いといえます。

 

ただ、会員ページから申し込めなくても、電話と自動契約機からは申し込みが出来るので、ダメもとで申し込みだけする事は可能です。

 

基本的にアコムでの利用状況が悪いと増額審査には落ちるので、心当たりがある場合は申し込みをしても増額に失敗します。

 

増額の際に必要な書類は?

 

増額の際は、アコムに限らず収入証明書類の提出を求められる事が多いです。

 

増額すると当然ですが借りられる金額が増えるので、やはりそれまでより高い返済能力が求められます。

 

その為、出来るだけ収入は増えていた方が良いですし、それを証明するためにも収入証明書は必要です。

 

アコムでの増額の際に必要な収入証明書として、以下が挙げられるでしょう。

 

収入証明書
  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近1カ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書(最新年度のもの)

 

書類の提出を求められた場合、上記の内から1点をアコムに提出します。

 

限度額を増額することで、アコムでの借り入れが50万円以上または他社借り入れ合わせて100万円以上になる場合は、必ず提出が求められるでしょう。

 

書類の提出に応じられない場合、増額審査に落ちてしまうので注意してください。

 

書類の提出はネットの会員ページやアコム公式スマホアプリから、スマホなどで撮影した画像を送信しての提出が可能です。

 

他には、自動契約機や有人店舗に直接持っていく方法や郵送、FAXという方法でも書類の提出が出来ます。

 

アコム増額審査に通過するためのポイントは?

 

増額審査は、基本的に新規契約時の審査よりも通過のハードルが高いです。

 

限度額を上げれば、その分顧客が返済不能になった時のリスクは大きくなります。

 

その為、アコムに限らず金融機関は全体的に増額審査に慎重といえるでしょう。

 

ただ、審査通過のポイントを満たしていれば、全く増額出来ないという事はありません。

 

増額審査で見られるポイントは以下の様な点といえるでしょう。

 

審査のポイント
  • アコムの利用実績
  • アコムの返済状況
  • 他社借入件数・残高
  • 他社への申込履歴

 

上記の増額審査のポイントは、信用情報をアコムが照会することで確認することが可能です。

 

まず、増額の大前提として、アコムでそれなりに利用実績が積めていない事には、申し込んでも審査通過は望めません。

 

最低でも半年以上アコムのカードローンを問題なく使っている必要があります。

 

加えて、ただアコムを長く使っているだけでなく、返済遅れなどをしていない事も大事です。

 

その2点がまずクリアできていない事には、アコムでの増額審査通過は出来ないといえるでしょう。

 

また、信用情報には信用取引全般の情報が記録されているので、他社の利用状況も重要です。

 

特にアコムは総量規制の対象なので、他社借入の件数や残高に注意しましょう。

 

年収の3分の1までという総量規制の範囲ギリギリの残高がある場合、増額審査通過は厳しいといえます。

 

他社借入に関しては、契約だけでなくアコムに申し込みをした際の他社申し込みにも注意が必要です。

 

アコムへの増額申し込みと同時に、他の金融機関にも借り入れや増額の申し込みを複数するのは出来るだけ避けた方が良いでしょう。

 

金融事故を起こしていると審査落ち

 

また、ほぼ確実にアコムの増額審査に落ちる原因として、金融事故による異動情報が信用情報に記録されている事が挙げられるでしょう。

 

金融事故とは長期の延滞や債務整理などの事で、それらを起こすと信用情報に異動情報が記録され、信用取引のほとんどの審査に通過出来なくなります。

 

異動情報は信用情報に最高で5〜10年履歴が残り、その間はアコムでの増額は不可能です。

 

加えて、アコム利用中に異動情報が記録された場合は増額審査を受けなくても、途上与信のタイミングで借り入れ停止になる可能性が高いといえます。

 

アコムで増額すると在籍確認はある?

 

増額でも審査があるという事で、勤務先への在籍確認がまた入るのか?と心配な方は少なくないと思います。

 

基本的にはアコムで増額する際にも、在籍確認は入ると思っておいた方が良いでしょう。

 

在籍確認は審査の最終段階なので、勤務先の確認が取れない事には増額審査に通過出来ません。

 

その為、確実に勤務先で確認が取れる時をアコムに伝えておくようにしましょう。

 

営業時間外や休業日などは会社に誰もおらず在籍確認が取れない…という事がありますから注意してください。

 

原則として増額でも在籍確認はある事が多いですが、契約時と勤務先が変わっておらず勤続年数が長く継続されている場合は、消費者金融では省かれることもあるようです。

 

ただし、勿論、ただ勤務先が変わっていないだけでなく、信用に値する返済能力がある事が前提といえるでしょう。

 

何円くらい増額出来るのか?

 

自身の返済能力によって増額可能な金額は変わってきます。

 

ただ、急に限度額が50万円や100万円に跳ね上がるような増額はされません。

 

現在の限度額が10万円など少額の場合は、限度額50万円までなら審査での評価が高ければ上がることもあります。

 

50万円以上の限度額に増額となると、他社借入がなくても総量規制の規定により、収入証明書の提出が必須です。

 

その様に限度額50万円の壁を越えて増額するとなると、なかなか思うように増額出来ない事も少なくないでしょう。

 

また、増額前の限度額が50万円を超えている場合は、一度の増額で上がる金額は10万円ほどが上限といえます。