アコムで借りると金利や利息はどのくらいかかるのか?

アコム

 

大手消費者金融のアコムは、TVCMでもよく目にする事からカードローンの契約先として検討されやすいでしょう。

 

また、「はじめてのアコム」というフレーズが印象的で、何となくカードローン初心者でも契約がし易い感じを抱くと思います。

 

アコムでカードローン契約をする場合、金利は以下の範囲で審査によって決まります。

 

金利は、カードローンで借りた金額を完済するまでにかかる利息を左右する重要なものです。

 

限度額

適用金利

1万円〜99万円未満

年7.7〜18.0%

100万円〜300万円

年7.7〜15.0%

301万円〜500万円

年4.7〜7.7%

501〜800万円

年3.0〜4.7%

 

カードローンの金利は幅がある場合、原則、低い方の下限金利ではなく高い方の上限金利が適用されます。

 

その為、上限金利で利息を見積もって、返済計画は立てた方が現実味があるでしょう。

 

また、基本的に100万円以下の限度額設定の場合、最高金利(上限金利)の年18.0%が適用されることが多いです。

 

アコムは消費者金融なので、銀行カードローンなどと比べると低金利とはいえません。

 

その為、なるべくは高額ではなく少額でのカードローン契約をおすすめします。

 

アコムの30日間無利息で利息額は何円減る?

 

アコムでは、初めてアコムでカードローン契約をする方に向けて、最大30日間の無利息サービスを扱っています。

 

無利息サービスというのは文字通り利息が0円になることです。

 

適用金利が何%でも、無利息期間中は利息はかかりません。

 

つまり、アコムでは30日間の無利息がタダになるわけですが、無利息サービスを利用する為には、難しくはありませんが条件があります。

 

アコムの無利息サービス条件
  • アコムで初めて契約する方
  • 返済サイクル35日毎を選択

 

アコムの返済日は、自身の都合の良い日を指定するか、35日毎のサイクルにするか、選択可能です。

 

しかし、30日間の無利息サービスを受ける場合は、35日毎の返済サイクルを選ぶ事が条件となっているので注意してください。

 

30日間だけ利息がタダ!といわれても、イマイチどの程度お得なのか分かりにくい事でしょう。

 

そこで、アコムの無利息サービスで何円くらい利息が減るか計算してみました。

 

10万円・30万円・50万円をそれぞれ借りて無利息サービスを利用した時、何円くらいの利息がタダになるのかというと、以下の通りです。

 

利息額は借入額×金利÷365日×返済期間という式で計算されます。

 

アコムの無利息期間で0円になる利息額

  • 10万円 100,000×0.18÷365×30=1,479円
  • 30万円 300,000×0.18÷365×30=4,438円
  • 50万円 500,000×0.18÷365×30=7,397円

 

借入額が大きければ、1回の返済にかかる利息も高くなります。

 

ただ、かかる金利や無利息期間30日という設定は同じなので、そこまで利息額の差分が感じられないかもしれません。

 

ところが、上記の利息額はアコムでの返済1回目にかかる利息額です。

 

その為、残高が0円になるまで利息がかかり続ける事を考えると、やはり高額を借りる場合は利息に注意が必要といえます。

 

アコムの返済額と利息の関係は?

 

利息額を気にする場合、金利設定も重要ですが返済額との関係も正しく理解した方が良いです。

 

銀行カードローンなどでは、借り入れ残高がいくらの場合は返済額が何円というように決まっている事がありますが、アコムは少し違います。

 

アコムのカードローンは、限度額毎に決められた一定の割合を残高にかけ返済額を算出する仕組みです。

 

限度額

残高にかける一定の割合

30万円以下

4.2%

30万円超〜800万円

3.0%

100万円超

3.0%

2.5%

2.0%

1.5%

 

ちなみに、上記の割合で決まる金額は約定返済額であり、最低限返済すれば良い金額なので、それ以上の金額で返済することも可能です。

 

ただ、最低限の返済額なので、算出された金額よりも少ない額での返済は出来ません。

 

利息は返済額から金利の割合で算出した金額で引かれるので、返済額と別で支払ったりする必要はありません。

 

しかし、返済額から利息額が引かれる為、例えば約定返済で1万円を返済金として納めても、元金から1万円満額が引かれるわけではありません。

 

10万円をアコムで借りたとして1万円を返済した場合、最初の利息額は1,500円となるので元金分の返済は8,500円です。

 

つまり、10万円の借り入れ残高は1万円を返済しても、90,000円になるのではなく91,500円になります。

 

1回の返済の利息額は、借入残高が高額過ぎなければそこまで高く感じませんが、返済回数を重ねていき総利息額になった時に「こんなに利息かかってた!?」と驚くことが多いでしょう。

 

例として挙げた10万円を毎月1万円で返済してく場合も、下のアコムの返済シミュレーションの通り、最終的に借りた金額の1割ほどを利息として払う事になります。

 

アコム返済

 

1回の返済にかかる利息は大した額ではありませんし、残高が減るのに伴って少なくなっていきます。

 

ところが、返済期間によっても利息額は増減し、あまりに返済期間が長いと借りた金額が高額でなくても総利息額が嵩むのです。

 

その為、残高が少額になった際には、返済日が来るのを待つよりも1日でも早く完済することをオススメします。

 

ちなみに、アコムの返済額は会員メニューもしくはATM、電話で金額の変更を申し出ない限り、残高が減っても自動で返済額が減ることはありません。

 

その為、契約時に毎回の返済額を高めに設定しておけば、利息額を引かれても元金の返済充てられる金額が多くなるので、早期完済がし易いでしょう。

 

アコムの金利が高いと思うなら借り換え?

 

一番最初にも述べましたが、アコムのカードローン金利は低金利ではありません。

 

ただ、消費者金融の平均的な金利設定ではあるので、大手消費者金融の中で金利を比較した時にアコムの金利が高すぎるという事はないです。

 

それでもアコムの金利が高くて利息負担が重く感じる場合は、カードローンの契約を途中で銀行へ借り換える事をおすすめします。

 

アコムには初めての契約で受けられる無利息サービスもありますし、何より即日審査・融資のスピード感は無視できません。

 

その為、カードローン契約の始めはアコムで契約した方がメリットが多いでしょう。

 

しかし、金利の高さはネックですし、アコムでずっと借りていても金利引き下げは望めない場合が多いです。

 

したがって、カードローン契約をアコムでした後、頃合いを見て平均的な金利が年14.0%の銀行カードローンへ借り換えるのが良いでしょう。

 

アコムのカードローンで年18.0%が適用されていた場合、年14.0%の銀行カードローンへ借り換えると年4.0%低金利になります。

 

最高金利がアコムで適用されている金利よりも低い設定のカードローンへ借り換えれば、確実に低金利借り換えが可能です。

 

金利年4.0%の差で50万円を借りると、ひと月の利息差は以下の通りです。

 

金利差4.0%の利息額の差

  • 50万円 500,000×0.18÷365×30=7,397円
  • 50万円 500,000×0.14÷365×30=5,753円

 

ひと月の利息差は1,644円となり、その様な差額が50万円を完済するまで重なっていくと、年4.0%低金利にする為の借り換えは無駄ではないといえるでしょう。